岩佐真悠子、全裸で全力疾走の主演映画「受難」イベントで奔放な“性論”を展開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月20日 > 岩佐真悠子、全裸で全力疾走の主演映画「受難」イベントで奔放な“性論”を展開
メニュー

岩佐真悠子、全裸で全力疾走の主演映画「受難」イベントで奔放な“性論”を展開

2013年11月20日 20:02

赤裸々トークを展開した岩佐真悠子(中央)「受難」

赤裸々トークを展開した岩佐真悠子(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]直木賞候補になった小説を映画化した「受難」に主演の岩佐真悠子吉田良子監督、原作者の姫野カオルコ氏が11月20日、都内での女性限定試写会の上映前にトークショーを行った。

性器に人面瘡(そう)ができてしまう主人公で処女の修道女・フランチェス子を演じた岩佐は、「フランチェス子にはこれっぽっちも共感できませんでした。男性と付き合ったりセックスをするのは考えることではなく、当たり前のようにその辺りに転がっているものだったから」とあっけらかんと告白。そのため、役づくりに際し処女の気持ちについて友人らに尋ねたそうだが、「皆に『わかんなーい』って言われて。10代とはまた違うし、私の周りには奔放な女性が多いですから」と恥じらうことなく明かした。

その人面瘡にば倒されながらも、「古賀さん」と呼んで親しみを持つという奇想天外な設定にも、「ば倒されっ放しというのは、私の中にはない。間違いなく言い返しますね」と主張。そして、「フランチェス子さんは心の広い、美しい女性なんです」と分析した。

劇中では大胆な濡れ場や全裸での全力疾走などに体当たりで挑戦。これにも、「フルヌードは少し考えましたけれど、全力疾走まではあまり考えなかった。撮影が2月の終わりから3月だったので、寒さで考える余裕もなかった。日常でやったら捕まることですから、なかなかできない体験でした」と堂々と振り返っていた。

映画化の企画が初めて持ち上がったのは11年ほど前だが、小説には女性器を直接表現する単語が頻繁に出てくるなどの理由で、これまでは実現に至らなかったという。今回、岩佐の主演が決まってゴーサインが出たが、岩佐の大ファンだという姫野さんは「ミスマガジンの頃から大好きで、グラビアを切り抜いていた。その岩佐さんが、自分の映画に出てくれたのは今でもウソみたい」と感激の面持ちだ。

これに対し岩佐も、「その言葉が、一番ありがたいですね」と笑顔。そして、「私はこの作品に出て、自分の周りの愛を大切にしようと思うようになりました。皆さんにもいろんなことを感じてもらいたいし、今ある幸せを大切にしてほしい」とアピールしていた。

受難」は、男性との交際やセックスすることに疑問を抱く処女の修道女が、性器にできた人面瘡と“交流”を深めることで、真実の愛に目覚めていく姿を描く。12月7日から公開される。

岩佐真悠子 in 受難[DVD] 岩佐真悠子 in 受難[DVD] 最安価格: ¥4,069 2013年12月7日公開・岩佐真悠子主演映画『受難』のメイキングDVD。
009ノ1 THE END OF THE BEGINNING[DVD] 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING[DVD] 最安価格: ¥3,918 「サイボーグ009」のヤングアダルト版の『バイオレンス&エロス』原作が初の映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi