淵上泰史、岩佐真悠子主演「受難」で正反対の双子役に1人2役で挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月1日 > 淵上泰史、岩佐真悠子主演「受難」で正反対の双子役に1人2役で挑戦!
メニュー

淵上泰史、岩佐真悠子主演「受難」で正反対の双子役に1人2役で挑戦!

2013年11月1日 08:00

大胆な演技で一人二役に挑んだ淵上泰史「受難」

大胆な演技で一人二役に挑んだ淵上泰史
(C)2013 姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「共喰い」「ぼっちゃん」など話題作に出演が続く若手俳優・淵上泰史が、岩佐真悠子主演作「受難」で、性格・容姿ともに正反対の双子役に、1人2役で挑んでいることがわかった。

「女性の恋とセックス」をテーマにした、「ポルノチック」シリーズ第1弾「惑星のかけら」の吉田良子監督が、姫野カオルコ氏の直木賞最終候補となった同名小説を映画化。岩佐が、陰部に人面瘡ができてしまったけがれなき乙女、フランチェス子という奇想天外なキャラクターを演じている。

淵上は、女性慣れした軽い男性マル、カメラのレンズ越しでしか女性と会話ができない内気な男性クスを演じ分けた。マル役では、フランチェス子を意中の女性と勘違いし、セックスにおよぶ場面もあり、大胆な演技を披露。「ぼっちゃん」で見せた心に闇を抱えた猟奇殺人鬼など、鮮烈なインパクトを放つ役どころが続く一方、GoogleのテレビCMでは子どもたちにダンスを教えるさわやかな先生に扮し、新しい魅力を見せている。「まだまだ僕は経験も浅いですし、たくさんの先輩や現場を見て、日々勉強をさせてもらっています」と謙遜しながらも、多様な役に挑む注目株だ。

吉田監督は、マル/クス役として「二つの魅力がある役者」を求めていたそうで、「最初はクスを中心に考えていたのですがあるとき考えを変え、マルの雰囲気を持った方がクスを演じてくれたらどんな風になるだろう……? と。そんな時に『東京プレボーイクラブ』を拝見したのです。一目でこの人が演じるクスを見てみたい! と思いました」と淵上の演技にほれ込んだ。実際にタッグを組み、淵上の魅力を「柔和な佇まいの中にも時折ビクッとするような……少し怖くも感じる表情をしていたり、またその逆もあったり。とにかく簡単に一言では言い表せない魅力を感じますね」と語っている。

さらに、吉田監督は「セックスってなんだか間抜けでみっともない瞬間がいくつもありますよね。だからこそ愛しい行為というヤツなのだろう」と持論を展開し、岩佐と淵上の共演シーンは「滑稽で、だからこそ悲しみがやってくるようなものにしたかった」と思いが行き違う男女の行為を描くのに苦心したことを明かした。

受難」は、12月7日から全国で公開。

岩佐真悠子 in 受難[DVD] 岩佐真悠子 in 受難[DVD] 最安価格: ¥4,069 2013年12月7日公開・岩佐真悠子主演映画『受難』のメイキングDVD。
秘愛[DVD] 秘愛[DVD] 最安価格: ¥2,788 秘密の愛―。あなたはこれを「不倫」と呼べますか?哀しい選択―背負った過去と、現在の幸せ。心震えるラブストーリー。出演:淵上泰史

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi