ラス・メイヤー監督&評論家ロジャー・エバートの友情が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月14日 > ラス・メイヤー監督&評論家ロジャー・エバートの友情が映画化
メニュー

ラス・メイヤー監督&評論家ロジャー・エバートの友情が映画化

2013年10月14日 11:00

ラス・メイヤー監督「ワイルド・パーティー(1970)」

ラス・メイヤー監督
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「女豹ビクセン」「ファスター・プシィキャット!キル!キル!」などで知られるエロスの巨匠ラス・メイヤーと、アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバートの、1960年代後半から始まった友情関係を映画化する企画があることがわかった。

「サタデー・ナイト・ライブ」「シンプソンズ」の脚本家クリストファー・クルースが執筆した脚本「Russ & Roger Go Beyond」を映画化するもの。映画の内容は、エバートが脚本を手がけ、メイヤーが初めてメジャースタジオ(20世紀フォックス)の作品でメガホンをとった「ワイルド・パーティー(1970)」(原題「Beyond the Valley of the Dolls」)の製作裏話が中心になる。米Sobini Filmsの製作で、監督、キャストは未定。

ワイルド・パーティー(1970)」は、ガールズロックバンドがハリウッドで巻き起こす騒動を描いた作品。20世紀フォックスから打診を受けたメイヤーは、脚本にエバートを起用できるなら引き受けると答えたという。エバートは当時まだ、米シカゴ・サンタイムズ紙で3番手の若手映画評論家だったが、メイヤーの作品を評価した数少ない評論家のひとりだった。

エバートはその後、メイヤー監督作「UP! メガ・ヴィクセン」(76)と「ウルトラ・ヴィクセン」(79)の脚本も担当。ふたりの友情は、2004年にメイヤーが死去するまで続いた。エバートは今年4月に70歳で死去した。

ワイルド・パーティー <2枚組特別編>[DVD] ワイルド・パーティー <2枚組特別編>[DVD] 最安価格: ¥4,104 女ばかりのハード・ロック・トリオがハリウッドでまきおこす無軌道な青春を描いた作品。製作・監督は『欲情』『真夜中の野獣』のラス・メイヤー。
グッドモーニング・グッドバイ[DVD] グッドモーニング・グッドバイ[DVD] 最安価格: - バートは経済的、社会的に何不自由ない金持ちだったが、性的不能者だった。妻エンジェルが情事を繰り返していることも知らぬ振りをしていたがある日、森へ出かけたバートは劇的な人生の転機を迎えることに! ラス・メイヤー監督作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi