ラス・メイヤーとロジャー・エバートの友情描く新作にM・ウィンターボトム監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月30日 > ラス・メイヤーとロジャー・エバートの友情描く新作にM・ウィンターボトム監督
メニュー

ラス・メイヤーとロジャー・エバートの友情描く新作にM・ウィンターボトム監督

2015年4月30日 14:50

マイケル・ウィンターボトム監督「ワイルド・パーティー(1970)」

マイケル・ウィンターボトム監督
Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「女豹ビクセン」「ファスター・プシィキャット!キル!キル!」などで知られるエロスの巨匠ラス・メイヤーと、アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバートの、1960年代後半から始まった友情関係を映画化するプロジェクトで、マイケル・ウィンターボトム監督がメガホンをとることになりそうだ。

ウィル・フェレルがメイヤーを演じることが決定しており、エバート役でジョシュ・ギャッド(「ラスベガスをぶっつぶせ」「スティーブ・ジョブズ」)が交渉中だと報じられている。

本作は、「サタデー・ナイト・ライブ」「シンプソンズ」の脚本家クリストファー・クルースが執筆した脚本「Russ & Roger Go Beyond」を映画化するもの。エバートが脚本を手がけ、メイヤーが初めてメジャースタジオ(20世紀フォックス)の作品でメガホンをとった「ワイルド・パーティー(1970)」(原題「Beyond the Valley of the Dolls」)の製作裏話が中心になる。今年後半のクランクインを予定。

ワイルド・パーティー(1970)」は、ガールズロックバンドがハリウッドで巻き起こす騒動を描いた作品。20世紀フォックスから打診を受けたメイヤーは、脚本にエバートを起用できるなら引き受けると答えたという。エバートは当時まだ、米シカゴ・サンタイムズ紙で3番手の若手映画評論家だったが、メイヤーの作品を評価した数少ない評論家のひとりだった。ふたりの友情は、2004年にメイヤーが死去するまで続いた。エバートは13年4月に70歳で死去している。

ウィンターボトム監督は、英国人中年男性2人の旅を描いたロードムービー「イタリアは呼んでいる」が、Bunkamuraル・シネマほか5月1日全国公開。

ラスベガスをぶっつぶせ[DVD] ラスベガスをぶっつぶせ[DVD] 最安価格: ¥1,000 驚異的な数学力を巧みに操ってカジノで数百万ドルを稼ぎ出した、マサチューセッツ工科大学の天才学生の実話に基づく頭脳派サスペンス!
スティーブ・ジョブズ[Blu-ray/ブルーレイ] スティーブ・ジョブズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,213 伝説の天才、ジョブズのありのままの人間性に迫る、ジョブズ没後初の映画が実現。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi