桐山蓮、主演最新作「東京闇虫」で新境地を開拓「新しい気持ちで頑張った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月28日 > 桐山蓮、主演最新作「東京闇虫」で新境地を開拓「新しい気持ちで頑張った」
メニュー

桐山蓮、主演最新作「東京闇虫」で新境地を開拓「新しい気持ちで頑張った」

2013年9月28日 16:10

社会の底辺で生きる主人公を演じきった桐山蓮「東京闇虫 パートI」

社会の底辺で生きる主人公を演じきった桐山蓮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本田優貴の人気コミックを2部作構成で実写映画化した「東京闇虫 パートI」「東京闇虫 パートII」が9月28日、東京・シネマート六本木で封切られ、主演の桐山漣をはじめ、共演の豊原功補、やべきょうすけ、秋山莉奈、穂花、佐藤佐吉監督が舞台挨拶に立った。

社会の底辺で生きる借金まみれの若者が、闇社会の仕事に手を染めていく姿をスピード感たっぷりに描いた本作。桐山は、大阪から東京に強制連行される主人公・加藤役を演じ、「横浜出身なので初めて大阪弁にトライ。とにかく監督がワンカットが大好きなので、ワンカット地獄に不慣れな関西弁で立ち向かう日々。新しい気持ちで頑張りました。スリルがあって新しい、泥臭い映画になった」と胸を張った。冷酷なヤクザ・鯖田役を演じた関西出身のやべからは「全然イケてたよ」とお墨付きをもらい、安堵の表情を浮かべていた。

鯖田の手下で映画オリジナルのキャラクター・要役を演じた秋山は、「キャラが濃いので、完成した映像を見て何をやってるんだろうと恥ずかしくなる時も。やべさんはすごく優しくて、役とのギャップが面白かった」と裏話を披露。佐藤監督は、「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見た直後だったので、要はアスカをイメージして作った。桐山君がこんな役柄をやることも珍しいし、それぞれの個性が十二分に発揮された映画」と自信をのぞかせた。

さらに、加藤を闇社会に引き込む謎の男・浅村役の豊原も飛入りで参加し、「ふだんから仲良くさせていただいてる佐吉さんが撮るということで参加。ぶっ飛んだ映画を作る監督なので、原作の面白さに加え、佐吉さんの独自のパワーで面白さが加味された」と全幅の信頼を寄せていた。

ぶっせん DVDスペシャルエディション[DVD] ぶっせん DVDスペシャルエディション[DVD] 最安価格: ¥9,181 三宅乱丈原作のコミックを、吉沢亮、桐山漣、平間壮一らの若手イケメン俳優たちでドラマ化した、仏教的青春学園ストーリー。
東京闇虫[DVD] 東京闇虫[DVD] 最安価格: ¥3,292 本田優貴の人気コミックを桐山漣主演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi