渡辺直美、台湾「飛輪海」アーロンのエスコートにメロメロ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月15日 > 渡辺直美、台湾「飛輪海」アーロンのエスコートにメロメロ
メニュー

渡辺直美、台湾「飛輪海」アーロンのエスコートにメロメロ

2013年9月15日 18:30

サイン会に出席した渡辺直美

サイン会に出席した渡辺直美
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの渡辺直美が9月15日、生まれ故郷である台湾を案内したガイドブック「渡辺直美のたら福まん腹 台湾」(光文社刊)の出版を記念し、都内の書店でサイン会を行なった。

日本人の父と台湾人の母の間に生まれた渡辺は、小学校の頃は夏休みのたびに台湾の母の実家を訪れていたという。台湾語で「私は渡辺直美です。よろしくお願いします」と自己紹介し、「実は私、ハーフタレントとしてやらせていただいていまして。ローラちゃんたちと同じジャンルなんです」と笑みを浮かべた。

同書では美容、ホテル、温泉なども紹介はしているが「2ページ分くらい」。残りは全て得意の“食”にまつわることばかり。「普通、ガイドに載っていてもおいしいか分からないじゃないですか。でも知っている人が食べてれば安心できるでしょ? 私が小さい頃から知っているお店もあります。ムチャクチャおいしいですよ!」と猛アピール。1年にわたり月1度、台湾を訪れて様々な店に足を運んだとあって「1年が凝縮されています。台湾好きの人が読んでも『知っているな』と思ってもらえるし、そんな人も知らない実家の近くのお店なんかも載っています」と出来栄えに自信をのぞかせる。

本編には、台湾の大人気ボーイズユニット「飛輪海」のアーロンが渡辺をエスコートするページも。アーロンとの対面については「会う前にニンニクを食べちゃって、メッチャ臭くて申し訳なかったんですが(苦笑)、『僕もさっきニンニク食べたから分からないですよ』って言ってくださり、本当に優しい! 見つめ合ったら『プッ』って笑うからどうしたのかと思ったら、『あまりに目がキレイでしたから』って(笑)。そんなことを言えちゃうのが素敵ですね」とメロメロだった。

台湾語は自己紹介と単語くらいしか分からないというが、報道陣から知っている台湾語をリクエストされると「ダービエン」と繰り返す。意味は、「『ウンコ』です(笑)」。台湾でもウケているそうで、「ずっと台湾語は話せないと言っていて、『知っている言葉は?』と聞かれて『ウンコ』って言うと、みんな腹抱えて笑います」と明かしていた。

飛輪海とVIVA!台湾[DVD] 飛輪海とVIVA!台湾[DVD] 最安価格: ¥4,158 2008年から台湾観光大使に任命されたアイドルグループ“飛輪海”が紹介する、台湾観光満載の情報バラエティ番組をDVD化。
飛輪海 フェイルンハイ A GO! GO! GO! Vol.1[DVD] 飛輪海 フェイルンハイ A GO! GO! GO! Vol.1[DVD] 最安価格: ¥2,063 アジアで大ブレイク中の“フェイルンハイ”メンバー総出演!人気バラエティ番組のフェイルンハイ特別編集版が登場!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi