「キッズ・リターン 再会の時」世界の舞台へ! 2つの映画祭に出品決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月4日 > 「キッズ・リターン 再会の時」世界の舞台へ! 2つの映画祭に出品決定
メニュー

「キッズ・リターン 再会の時」世界の舞台へ! 2つの映画祭に出品決定

2013年9月4日 13:28

バンクーバー国際映画祭とワルシャワ映画祭で正式上映「キッズ・リターン」

バンクーバー国際映画祭とワルシャワ映画祭で正式上映
(C)2013「キッズ・リターン 再会の時」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平岡祐太三浦貴大が共演する「キッズ・リターン 再会の時」が、第32回バンクーバー国際映画祭のドラゴン&タイガー部門と第29回ワルシャワ映画祭の国際コンペティション部門で正式上映されることが決定した。

北野武監督が1996年に発表した「キッズ・リターン」の10年後の物語を、シンジ役を平岡、マサル役を三浦で描く。メガホンをとった清水浩監督は、北野作品で助監督を務め、監督デビュー作「生きない」(98)が第51回ロカルノ国際映画祭アキュメニカル特別賞と第3回釜山映画祭国際批評家連盟賞を受賞、「チキン・ハート」(02)では第55回カンヌ国際映画祭の国際批評家週間に招待された経歴をもつ。

出品決定の吉報を受けた清水監督は、「とても光栄です。キャスト、スタッフ含め、苦労したかいがあったなと思います」と喜びのコメント。「(映画祭は)一番ストレートにお客さんの反応がわかる場所ですよね。だから怖くもあり、とても楽しみでもあります。そんな大舞台に『キッズ・リターン 再会の時』が選ばれたことは、本当にありがたいですね」と語った。

高校卒業後、シンジはプロボクサーとして、マサルはやくざとして別々の人生を歩みだす。その道の頂点を目指したふたりだが、大きな壁にぶつかり挫折していた。10年後、ボクシングを辞めアルバイトをこなす毎日を送るシンジと、出所したばかりでヤクザの道に戻ったマサルは偶然の再会を果たす。「見返してやろうぜ」というマサルの言葉を胸に、再びリングにあがるシンジ。一方、マサルも人生をかけたある勝負に出ようしていた。

キッズ・リターン」も出品されたバンクーバー国際映画祭は北米屈指の映画祭で、ドラゴン&タイガー部門はアジア太平洋地域出身の映画監督の登竜門として注目を集めている。今年は9月26日~10月11日に開催。一方のワルシャワ映画祭(10月11~20日開催)も、次世代の才能に光を当てることで年々存在感を増している国際映画祭だ。世界の大舞台で、本作がどのように受け入れられるのか期待が高まる。

キッズ・リターン 再会の時」は、10月12日から全国で公開。

キッズ・リターン[DVD] キッズ・リターン[DVD] 最安価格: ¥3,154 一人はボクサー、もう一人はヤクザに。高校時代の二人の親友が辿った栄光と挫折の道程を鮮烈かつ残酷に描き出した青春映画の傑作。
生きない[DVD] 生きない[DVD] 最安価格: ¥4,860 自殺志願者が集まるバスツアーに乗ってしまった女性と乗客たちの交流を描いた、ダンカン脚本・主演によるブラックコメディ。監督:清水浩

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi