大地康雄「この国の未来を感じ」企画・主演した「じんじん」の東京公開に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月13日 > 大地康雄「この国の未来を感じ」企画・主演した「じんじん」の東京公開に感無量
メニュー

大地康雄「この国の未来を感じ」企画・主演した「じんじん」の東京公開に感無量

2013年7月13日 15:10

「じんじん」の東京公開に感無量の大地康雄ら「じんじん」

「じんじん」の東京公開に感無量の大地康雄ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大地康雄が企画、主演した映画「じんじん」が7月13日、東京・シネマート新宿などで封切られた。

大地が2008年に、知人の誘いで北海道・剣淵町を訪れた際、絵本を使った街づくりにふれ「子どもたち1人1人の輝く瞳に、この国の未来を感じた。この思いを伝える人物を描きたいと思った」と企画。自らロケ誘致などに奔走し、同町を中心に撮影が行われた。

お披露目となった今年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013で、観客賞に当たるファンタランド大賞と大地が主演男優賞に相当するファンタランド人物賞を受賞。5月からは北海道・札幌、旭川で先行公開され、2万人以上を動員している。

待望の東京を含めた都市圏での初日に、共演の中井貴恵、小松美咲井上正大山田大樹監督とともに同館で舞台挨拶に立った大地は感無量の面持ち。絵本作家のあべ弘士氏に“弟子入り”し、劇中で重要なカギを握る絵本の挿絵も自ら手がけ、「あべさんのタッチに少しでも近づけるよう頑張りました。最後の方は吹き替えなしで描いています」と自信をのぞかせた。

絵本の読み聞かせをする団体の代表を務め、大地に口説かれる形で28年ぶりに女優復帰した中井は、「随分やっていなかったのでちょっと不安もありましたが、台本を読んでやりたいとすごく自然に思えました」と笑顔。約600人のオーディションで選ばれた映画初出演の小松は、「北海道は初めてだったけれど、白米がおいしくて、炊き出しでカレーが出た時は3杯もおかわりしちゃいました」と振り返り、会場の笑いを誘った。

同作は、気ままな大道芸人が、年に1回訪れる北海道の農家で、離婚して以来1度も会っていなかった娘と再会。親子のきずなを取り戻していく姿を描く。劇場公開のほか、全国各地での巡回上映も展開中で、大地は「笑って泣いて感動する、映画の王道を行かせていただいた。電子機器の発達で生身の交流が少なくなり、殺伐としたニュースもはびこる昨今ですが、先入観を持たずに楽しんでください」とアピールしていた。

新宿純愛物語[DVD] 新宿純愛物語[DVD] 最安価格: ¥3,752 那須博之監督と仲村トオル主演で贈る、新宿を舞台にしたアクション・ムービー。出演:大地康雄
マルサの女[Blu-ray/ブルーレイ] マルサの女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 国税局査察部、通称“マルサ”と、巨額脱税者の息詰まる戦いの様子を描いた作品。出演:大地康雄

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi