星野源の初主演作「箱入り息子の恋」、モントリオール世界映画祭で招待上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月8日 > 星野源の初主演作「箱入り息子の恋」、モントリオール世界映画祭で招待上映
メニュー

星野源の初主演作「箱入り息子の恋」、モントリオール世界映画祭で招待上映

2013年6月8日 16:13

初日を迎えた「箱入り息子の恋」「箱入り息子の恋」

初日を迎えた「箱入り息子の恋」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミュージシャン、文筆家、俳優として多方面で活躍する星野源の初主演作「箱入り息子の恋」が6月8日、全国38スクリーンで封切り。東京・テアトル新宿で星野をはじめ、共演する夏帆平泉成森山良子大杉漣黒木瞳市井昌秀監督が初日舞台挨拶を行った。同日、9月に開催されるモントリオール世界映画祭の「ワールドシネマ部門」で招待上映されることが発表され、星野は「海外の皆さんに、この映画がどう映るのか楽しみ。ぜひ僕も現地に行って、本場のメイプルシロップを食べたい」と抱負を語った。

映画は女性との交際経験がない内気な35歳の健太郎(星野)が、両親(平泉、森山)による“代理見合い”をきっかけに、盲目のヒロイン・奈穂子(夏帆)と出会い、人生初めての恋に目覚める姿をハートウォーミングに描いた。

本作で“箱入り息子”を演じた星野は「共感する部分はないが、周りにバカにされようが自分の筋を通して突き進む感じが好き。最後はサイコパスみたいになりますけど(笑)」と役柄を述懐。一方、夏帆は「奈穂子みたいに、自分の気持ちを素直に伝えられるのはいいなって思います。私はそういうの、苦手なのでうらやましい。好きなシーンは、吉野家でのデートですね」と話していた。

登壇者6人が一同に会す見合いのシーンに話題が及ぶと、森山は「(奈穂子の父を演じる)大杉さんが本当に憎たらしかった。黒木さんが本当にかわいそうで」と告白。すかさず、奈穂子の母を演じる黒木が「うちの夫が、すみません……」と頭を下げ、当の大杉も「本当に失礼しました。でも一生懸命、憎たらしく演じました」と恐縮しきりだ。また、劇中には黒木が大杉を平手打ちするシーンがあり、市井監督は「パシーンと本当にいい音がした」と明かしていた。

アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX[DVD] アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 電脳とオタクの街“アキバ”を舞台に繰り広げられる、アキバ系青春冒険活劇を描いたテレビドラマ。出演:星野源
11人もいる! DVD BOX[DVD] 11人もいる! DVD BOX[DVD] 最安価格: - 高校3年生にして大家族の問題を一人で背負い込んでいる長男を軸に、貧乏子だくさん一家をバカバカしくもちょっと感動的なストーリーで描くホームドラマ。出演:星野源

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi