松田龍平「まほろ」継続に意欲「やれるものならやりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月20日 > 松田龍平「まほろ」継続に意欲「やれるものならやりたい」
メニュー

松田龍平「まほろ」継続に意欲「やれるものならやりたい」

2013年4月20日 10:00

トークショーに出席した松田龍平と大根仁監督「まほろ駅前多田便利軒」

トークショーに出席した松田龍平と大根仁監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松田龍平が4月19日、瑛太とダブル主演した映画「まほろ駅前多田便利軒」の続編として放送された、テレビドラマ「まほろ駅前番外地」の劇場公開を記念し、上映館の東京・渋谷のユーロスペースで大根仁監督とトークイベントに出席した。

瑛太や原作の三浦氏、共演の新井浩文真木よう子ら、連日豪華なトークショーを開催してきた同上映は、最終日となるこの日も立ち見が出るほどの大入り。映画に続き行天役を演じた松田は、「テレビは大根さんのオリジナルなので、初めて台本を読んだ時はちょっと違うなって思ったけど、実際にやってみたら人間臭くなった。映画はどこか理想みたいなところでやっていたので、テレビは下世話で大根さんが出ている感じ」と分析。これには大根監督も、「自分の中に多田も行天もどっちもある。俺も自分で何か企画を出すことはなく、依頼で来たものをやるのは便利屋っぽいじゃない?」と納得していた。

松田はあまりセリフを頭に入れずに現場に臨んだそうで、「映画をやっているからどこか大丈夫かなっていうのもあったし、行天という男はセリフ覚えなきゃってところで生きていない。だから今やっている朝ドラの『あまちゃん』は、すっごいセリフの量でヤバイってなっている」と明かし、笑いを誘っていた。また、瑛太は今後のシリーズ継続の可能性について前向きだったが、松田も「やれるものならやりたい」と意欲的だった。

三浦しをん氏の直木賞受賞作を映像化した「まほろ駅前」シリーズのドラマ版。架空の都市・まほろ市を舞台に、便利屋を営む多田啓介(瑛太)と多田のもとに転がり込んだ同級生の行天晴彦(松田)が、便利屋稼業を通じて成長していく姿を描いた。

まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥13,658 いろいろあるのさ、誰だって。職業、便利屋。痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション[DVD] まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,309 三浦しをんの直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』を瑛太&松田龍平主演で映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi