ウィル・スミス「ジャンゴ 繋がれざる者」降板の理由とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月27日 > ウィル・スミス「ジャンゴ 繋がれざる者」降板の理由とは?
メニュー

ウィル・スミス「ジャンゴ 繋がれざる者」降板の理由とは?

2013年3月27日 16:00

主役じゃなきゃ嫌!「ジャンゴ 繋がれざる者」

主役じゃなきゃ嫌!
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在公開中のクエンティン・タランティーノ監督作「ジャンゴ 繋がれざる者」について、主演オファーを辞退したウィル・スミスがその理由を語った。

同作は南北戦争直前のアメリカ南部を舞台に、黒人奴隷として売りに出されたジャンゴが、ドイツ人の賞金稼ぎキング・シュルツと出会い、囚われの身となっている妻を助けるため、邪悪な農園主カルビン・キャンディと戦うというストーリー。製作が発表された当時、タランティーノ監督は主人公ジャンゴ役にスミスを希望していたが契約成立には至らず、代わりにジェイミー・フォックスが主演した。同作は先日の第85回アカデミー賞で、タランティーノ監督が脚本賞を、シュルツ役を演じたクリストフ・ワルツが助演男優賞を受賞している。

スミスは昨年6月、英エンパイア誌に降板の理由を聞かれた際には「メン・イン・ブラック3」の撮影を優先するためと答えていたが、このほど米EW誌に対し本音を吐露。「ジャンゴは主役ではなかった。俺は主役でなければならない。もう一方のキャラクターが主役だったんだよ!」と告白した。

脚本を読んで、真の主役はシュルツだと感じたスミスは、ジャンゴの存在感が霞むことを危惧したようだ。「これは違う、クエンティン、どうか俺に悪者を殺させてくれ!」と、ジャンゴを物語のより中心に据えるよう嘆願したが、話し合いは物別れに終わったという。しかし、わだかまりは残っていないようで、完成した映画について「素晴らしい出来だったと思う。ただ、俺の作品じゃなかったのさ」と語っている。

グラインド・ハウス U.S.A.バージョン プラス[Blu-ray/ブルーレイ] グラインド・ハウス U.S.A.バージョン プラス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,024 「プラネット・テラー」「デス・プルーフ」「フェイク予告編」による上映形態のパッケージ「グラインドハウス U.S.A.バージョン」を初ブルーレイ化!監督:クエンティン・タランティーノ
メン・イン・ブラック トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] メン・イン・ブラック トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥9,504 協定に基づき地球に侵入して来た異星人の監視を行う秘密組織MIB(メン・イン・ブラック )エージェントの活躍を描いたコメディ・タッチのSFアクション映画。出演:ウィル・スミス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi