二宮和也、最も適した職業は考古学者?「2代目吉村作治として頑張る」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月7日 > 二宮和也、最も適した職業は考古学者?「2代目吉村作治として頑張る」
メニュー

二宮和也、最も適した職業は考古学者?「2代目吉村作治として頑張る」

2013年3月7日 18:44

「プラチナデータ」大友啓史監督「プラチナデータ」

「プラチナデータ」大友啓史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也が3月7日、都内で行われた主演作「プラチナデータ」の特別試写会に、メガホンをとった大友啓史監督とともに出席した。

国民のDNAデータ“プラチナデータ”をもとに事件捜査が行われる近未来を舞台にした、東野圭吾氏原作のサスペンス大作。この日は「ニノミヤデータ解析イベント」と題し、犯罪プロファイリングの専門家である桐生正幸教授が招かれ、二宮に10個の質問をした結果「一番適している職業は、考古学者」(桐生教授)と結論づけると、二宮本人は「そうですか? じゃあ、2代目吉村作治として頑張ります」とまんざらでもない表情だった。

二宮は「初対面の人に対し、どのような気持ちでその人を見るか?」「初めてのラーメン屋を選ぶときのポイントは?」など用意された10個の質問に回答し、その都度、桐生教授が「知性的」「隙がない」「ネガティブ」「職人肌」など、二宮の性格にあてはまるワードを列挙。その結果「どこかに眠っているはずの夢を追い求め、地道に仕事をするロマンチスト」と分析し、考古学者に適しているという結論に至った。本作で二宮と初タッグを組んだ大友監督も「わかるなあ。特に職人肌という点は納得。次は考古学者を主人公にした映画を撮ろう」と早くも次回作の構想を語っていた。

二宮演じる主人公の天才科学者・神楽は、“龍平”と“リュウ”という2つの人格をもつ設定で、「プロの目から見ても、次第に人格が変化していく演技はさすが。まさか本当に二重人格ではないですよね?」と桐生教授も太鼓判。二宮は「あまり(人格の変化を)ドラマチックに見せないよう、瞬間でガラっと変わる演技はしていない」といい、大森監督も「再現ドラマにありがちな“キラーンと人格が変身”みたいにはしたくなかった」とこだわりを明かしていた。

なお、二宮は先月25日行われた完成披露試写会の席で、共演した豊川悦司の印象を「エロスのネジがバカになっちゃっているのか、エロスがダダもれ」と語った上で、「2代目“トヨエツ”を襲名したいと思う」と笑いを誘っていた。

プラチナデータ」は3月16日から全国で公開。

優しい時間 DVD-BOX[DVD] 優しい時間 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,221 近年の閉鎖的で、関わり合いを避ける希薄な社会に、倉本聡が温かい人と人との絆をテーマにおくる感動のストーリー。出演:二宮和也
流星の絆 DVD-BOX[DVD] 流星の絆 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,364 原作・東野圭吾×脚本・宮藤官九郎×主演・二宮和也、両親を何者かに殺された3人の兄妹の絆を描いた感動作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi