二宮和也、2代目“トヨエツ”を襲名? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月25日 > 二宮和也、2代目“トヨエツ”を襲名?
メニュー

二宮和也、2代目“トヨエツ”を襲名?

2013年2月25日 20:07

「プラチナデータ」に出演する水原希子、生瀬勝久、豊川悦司「プラチナデータ」

「プラチナデータ」に出演する水原希子、生瀬勝久、豊川悦司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・東野圭吾氏のベストセラー小説を映画化した「プラチナデータ」の完成披露試写会が2月25日、都内のホールで行われ、主演の二宮和也、共演の豊川悦司鈴木保奈美生瀬勝久水原希子大友啓史監督が舞台挨拶に立った。

国民のDNAデータ「プラチナデータ」をもとに犯罪捜査が行われている2017年の日本を舞台に、身に覚えのない殺人罪を着せられた天才科学者の神楽(二宮)が、ベテラン刑事・浅間(豊川)と繰り広げる逃亡劇を描く。

会場は約1600人のファンや関係者で埋めつくされたが、本試写会の一般当選確率は0.36%という“プラチナチケット”となり、本作への期待度の高さをうかがわせた。二宮は、初共演となった豊川を「エロかった。エロスのネジがバカになっちゃっているのか、エロスがダダもれ。対立関係にあるべきキャラクターだけど、距離感をとるのが難しかった。エロスの塊」と羨望の眼差(まなざ)し。豊川は、「これまでの二宮君の出演映画を見て、すごく一緒に仕事をしたいなと思っていた。想像通り素晴らしい俳優。ニノ君にエロスを教えたので、これからはステージでもエロを出してくれるのでは」と期待。すると二宮も、「2代目“トヨエツ”を襲名したいと思う」とノリノリだった。

原作者の東野氏と対談したという二宮は、「映画化することによって進化したと言ってもらえた。僕らは原作の設定やお話を変えて映画化するわけだけど、先生は変えることが守りでなくて攻めであれば、いかほどにでも変えていってくれて構わないという意見だった」と自由度の高い映画化が実現。大友監督は、「追う者と追われる者という関係では、追う者は追われる者を知りたくなる。それが濃密になっていくありさまが、ラブストーリーに近いエロを出していく」と劇中の二宮と豊川の関係性を説明。また、「最初は1枚の画にこの2人が収まることが想像つかなかった。なので新鮮だったし、毎回新しい発見をしながら最後まで楽しめた」と手応えを感じていた。

精神科医役を演じた鈴木は、「私はどうしてラブストーリーに食い込んでいないんだろうとちょっと寂しい思い(笑)。監督に母性を出してと言われたけど、二宮さんのお母さんに失礼かなって思った」と照れ笑い。二宮の上司役の生瀬は、「今までも真面目にやってきたけど、今回は笑いなしです!」と意外な役どころに挑戦。二宮のミステリアスな同僚役を演じたは、「大友組の現場ではスモークがとにかくいつでも流れていて、さっき登場する時に久しぶりにスモークの匂いをかいで、『プラチナデータ』のミステリアスな現場の空気を思い出した」。天才数学者役に挑んだ水原は、「最初に二宮さんと近づくシーンがあって、すごく緊張した。だけど現場に入ると緊張が解けて、二宮さんの力なのかなと思った」とほほ笑み、二宮を喜ばせていた。

プラチナデータ」は3月16日から全国で公開。

山田太郎ものがたり DVD-BOX[DVD] 山田太郎ものがたり DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,000 “やりくり”と“へそくり”に命をかけ、全力で家族を愛する主人公・山田太郎の生き様を爽やかに描いた、二宮和也・櫻井翔共演の傑作コメディ!
NHK大河ドラマ 江~姫たちの戦国~ 完全版 DVD-BOX 第壱集[DVD] NHK大河ドラマ 江~姫たちの戦国~ 完全版 DVD-BOX 第壱集[DVD] 最安価格: ¥35,083 信長の妹・市を母とし、日本史上最も有名な三姉妹の末っ子に生まれた江の、波乱と苦難に満ちた半生を描くドラマ。出演:豊川悦司

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi