工藤夕貴、モントリオール2冠の主演作“日本凱旋”に満面の笑み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月10日 > 工藤夕貴、モントリオール2冠の主演作“日本凱旋”に満面の笑み
メニュー

工藤夕貴、モントリオール2冠の主演作“日本凱旋”に満面の笑み

2013年1月10日 21:15

劇中で英語のセリフも披露した工藤夕貴「カラカラ」

劇中で英語のセリフも披露した工藤夕貴
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の工藤夕貴が1月10日、東京・港区のカナダ大使館で行われた、日本・カナダ共同製作映画「カラカラ」の完成披露試写会に出席した。昨年、カナダ・モントリオールで開催された第36回モントリオール世界映画祭で、「世界に開かれた視点賞」と「観客賞(カナダ長編部門)」の2冠を達成した本作。晴れの日本凱旋に、工藤は「賞を受賞したことで、日本でもより注目を集めることがうれしい。特にオーディエンスが選ぶ観客賞は、とても名誉なもので、私たちにとっても励みになる」と満面の笑みを浮かべていた。

映画は沖縄を舞台にしたロードムービーで、第二の人生の岐路に立ったカナダ人男性ピエール(ガブリエル・アルカン)と沖縄在住の主婦・純子(工藤)が“大人の家出”を通し、自身の生き方を見つめ直す姿を描いた。タイトルの「カラカラ」は沖縄の泡盛を入れる酒器を指す。

工藤は「深い題材だが、テイストはフランス文学のコメディのよう。独特の世界観から、一生懸命に生きる二人の面白みが伝われば」とアピール。劇中では英語のセリフを披露しており、「まるで(英語が)母国語のように話せたのは、今回が初めて。自由で守られた現場の雰囲気のおかげ」と振り返った。

メガホンをとるのは「窯焚 KAMATAKI」(2008)など、日本を舞台にした作品を多く手がけるカナダのクロード・ガニオン監督。この日は工藤とともに舞台挨拶に登壇し、「今まで監督したどの作品よりもスムーズな現場だった」と述懐。さらに、「夕貴が頑張ってくれたおかげ。彼女は撮影に入る前から、脚本を深く理解していた。脚本を深い部分まで読み込める俳優というのは、実はあまり多くないのです」と演技に臨む工藤の姿勢を絶賛していた。

カラカラ」は1月12日から舞台となった沖縄県の2劇場で先行上映され、1月19日から全国で公開。

ヒマラヤ杉に降る雪[DVD] ヒマラヤ杉に降る雪[DVD] 最安価格: ¥1,000 デビッド・グターソン原作の長編小説「殺人容疑」を映画化。戦争によって引き裂かれたアメリカ青年と日系女性の心の軌道を描く。出演:工藤夕貴
Revival Blues[DVD] Revival Blues[DVD] 最安価格: ¥4,071 解散したブルースバンドのメンバー達が数十年ぶりに再会し“リバイバルナイト”を復活させるが、その先には“死”というリアルな現実が待ち受けていた…。監督・脚本:クロード・ガニオン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi