工藤夕貴が沖縄県副知事を表敬訪問 モントリオール2冠「カラカラ」をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月17日 > 工藤夕貴が沖縄県副知事を表敬訪問 モントリオール2冠「カラカラ」をPR
メニュー

工藤夕貴が沖縄県副知事を表敬訪問 モントリオール2冠「カラカラ」をPR

2012年12月17日 19:00

工藤夕貴、クロード・ガニオン監督が沖縄県庁を訪問「カラカラ」

工藤夕貴、クロード・ガニオン監督が沖縄県庁を訪問
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第36回モントリオール世界映画祭で2冠を獲得した日本・カナダ共同製作映画「カラカラ」に出演した女優の工藤夕貴が12月14日、クロード・ガニオン監督とともに上原良幸沖縄県副知事を表敬訪問した。

第36回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で世界に開かれた視点賞・観客賞をダブル受賞した「カラカラ」は、人生の岐路に立ち、沖縄を旅するカナダ人男性ピエール(ガブリエル・アルカン)と夫の転勤で沖縄に住むことになった主婦・純子(工藤)が共に旅をし、自らの生き方を見つめ直すロードムービー。

工藤は「撮影から1年ぶりの沖縄です。沖縄にくると元気がもらえます。島のパワーが、観客のみなさまに届いた結果がモントリオール世界映画祭でのダブル受賞だと思います。ご覧になった方々が喜んでいただけるのがうれしかったですし、監督や仲間たちと参加した受賞式で一緒に喜びあえて本当によかったです」とオール沖縄ロケでの撮影と映画祭での手ごたえを述懐した。

ガニオン監督は、「自分が好きな沖縄を描きたかった。そして自分の好きな人たちを描きたかった。日本人でもない、うちなーんちゅ(沖縄人)でもない私ですから、物語の出発点は自分の中(外国人の視点)からスタートしています。モントリオール、ハワイ、ロンドン、パリと上映されましたが、どの国、地域でも観客が楽しみ、この映画は受け入れられたと感じました。映画館でたくさんの人にみてほしいです」と作品をアピールした。

2人のコメントを受けて上原副知事は、「ガニオン監督のように、外から来た人は沖縄が宝の山にみえる。私たちは灯台下暗しで、その宝に気づかない部分もある。映画を通して、沖縄以外の人とも交流を深めましょう」と激励し「沖縄からどんどん映画を発信してください」とエールを送った。

カラカラ」は2013年1月19日公開。

L change the WorLd 【スペシャルプライス版】[DVD] L change the WorLd 【スペシャルプライス版】[DVD] 最安価格: ¥2,063 「デスノート」のLを主人公にしたスピンオフ作品。「デスノート」では描かれなかった、決断から衝撃のラストシーンに至るまでのLの最期の23日間を描く。出演:工藤夕貴
Revival Blues[DVD] Revival Blues[DVD] 最安価格: ¥4,071 解散したブルースバンドのメンバー達が数十年ぶりに再会し“リバイバルナイト”を復活させるが、その先には“死”というリアルな現実が待ち受けていた…。監督、脚本:クロード・ガニオン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi