PFFグランプリ受賞作「くじらのまち」、ベルリン映画祭で世界進出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月9日 > PFFグランプリ受賞作「くじらのまち」、ベルリン映画祭で世界進出
メニュー

PFFグランプリ受賞作「くじらのまち」、ベルリン映画祭で世界進出

2013年1月9日 08:00

「くじらのまち」(上)と「魅力の人間」(下)の一場面「くじらのまち」

「くじらのまち」(上)と「魅力の人間」(下)の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第34回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)のコンペティション部門「PFFアワード2012」で、グランプリを受賞した「くじらのまち」が、2月7~13日にドイツで開催される第63回ベルリン国際映画祭「フォーラム部門」に、正式出品されることがわかった。準グランプリ受賞作「魅力の人間」が、1月23日~2月3日にオランダで行われる第42回ロッテルダム国際映画祭「Bright Future部門」で、上映されることも決定した。

ベルリン国際映画祭「フォーラム部門」は、実験的な作品や過去の名作を紹介してきた。同映画祭では、2008年に同部門で最優秀新人賞に輝いた第17回PFFスカラシップ作品「パークアンドラブホテル」(07/熊坂出監督)をはじめ、PFFで注目を集めた20作品が招待されている。

今回、同映画祭に出品が決定した「くじらのまち」は、23歳の気鋭監督・鶴岡慧子がメガホンをとった青春群像劇。高校最後の夏休みを通して、男女3人組の心のすれ違いをみずみずしく描き、「PFFアワード2012」でグランプリにあたるジェムストーン賞(日活賞)を受賞した。ベルリン国際映画祭のほか、第18回釜山国際映画祭「コンペティション部門」に正式出品される。

ロッテルダム国際映画祭は、新人監督の登竜門として知られる。「Bright Future部門」では、新人監督の1、2作目を対象に作品を紹介している。二ノ宮隆太郎監督作「魅力の人間」は、自動販売機の修理工場を舞台に、工場で働く男たちの日常に浮かび上がる不穏をとらえた。第32回バンクーバー国際映画祭「コンペティション部門」での上映も決定している。

くじらのまち」「魅力の人間」をはじめ、「PFFアワード2012」で注目を集めた作品は、ベルリン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭を皮切りに、バンクーバー国際映画祭で3作品、釜山国際映画祭で1作品が上映される。

なお、「PFFアワード2012」に入選した16作品を一挙に上映する「第34回 PFF ぴあフィルムフェスティバル」の京都開催が、2月16~22日に決定。4月には福岡、5月には名古屋での実施が予定されている。

勝又悠監督短編集「小田急足柄線」[DVD] 勝又悠監督短編集「小田急足柄線」[DVD] 最安価格: ¥3,175 世界各国から注目を集める若手映画監督・勝又悠の短編作品集。第32回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2010公式ノミネート「キミ/ハミング/コーヒー」を含む全7作品と各タイトルの予告編を収録し、思春期特有の淡さを描くリアル感、ロケ地を故郷の南足柄にこだわった撮影など渾身の作品を収録。
オードリー[DVD] オードリー[DVD] 最安価格: ¥3,450 大森優子は郊外に住む18歳。文化祭を目前に控えた高校3年の秋。家では色々面倒なこともあるが、同じクラスの石塚絵里と小浜志保の仲良しグループで過ごすことが楽しい毎日。優子は親友の二人にも打ち明けていない密かな片思いをしていた。どうにか発展させたいと思いながらも踏み出せないでいた時、予想外の展開が起こる。PFFアワード2011、入選作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi