第11回東京フィルメックスのラインナップが発表 有名監督の新作ズラリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月16日 > 第11回東京フィルメックスのラインナップが発表 有名監督の新作ズラリ
メニュー

第11回東京フィルメックスのラインナップが発表 有名監督の新作ズラリ

2010年9月16日 21:56

アジアの秀作をぜい沢に上映「幻の薔薇」

アジアの秀作をぜい沢に上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 多くの映画ファンの支持を集め、今年で11回目を迎える国際映画祭「東京フィルメックス」のラインナップ発表会見が9月16日、東京・京橋の映画美学校で行われ、同映画祭の林加奈子ディレクター、市山尚三プログラムディレクターにより概要が発表された。

毎年アジアの新進映画作家の作品を中心に、世界各国から独創的な映画を集めて催される同映画祭。今回の特別招待作品には、今年のカンヌ映画祭パルムドール受賞作アピチャッポン・ウィーラセタクンの「ブンミおじさん(仮題)」(オープニング作品)、同じく今年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞したイ・チャンドンの「詩(原題)」(クロージング作品)のほか、ジャ・ジャンクーのドキュメンタリー「海上伝奇」、イランの名匠アッバス・キアロスタミの「贋作(仮題)」、アモス・ギタイの「幻の薔薇」など、有名監督による新作がズラリ。日本からも「愛のむきだし」で注目を集めた園子温の新作「冷たい熱帯魚」と、落合正幸塚本晋也李相日是枝裕和の4人が川端康成太宰治芥川龍之介室生犀星ら文豪たちの怪談作品をそれぞれ映画化したオムニバス「妖しき文豪怪談」が選ばれている。

アジアの新進作家による10作品が競い合うことになったコンペティション部門には、「選挙」「精神」などのドキュメンタリーで知られる想田和弘監督の新作「Peace」、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)出身の内田伸輝監督による長編第3作「ふゆの獣」の2作が日本から選出。会見に出席した今年のコンペ部門国際審査員・白鳥あかね氏(脚本家・スクリプター)は「映画は作る人、見せる人、見る人のすべてがそろわないといけないと思っている。今年は若い監督の作品が多いのがうれしい」と期待を寄せた。

特集上映は昨年に引き続き、松竹との共催で小津安二郎、木下恵介、渋谷実の1950年代の作品を「松竹黄金期の三大巨匠」と題して上映。そのほか、新企画として同映画祭が選んだ次世代の映画作家20人に対して、世界で活躍する映画人を講師として招き、レクチャーとディスカッションを行う映像人材育成プロジェクト「ネクスト・マスターズ」を開催。メイン講師として台湾の名匠ホウ・シャオシェンら4人が発表された。

第11回東京フィルメックスは11月20日から28日まで、有楽町朝日ホール、東劇ほか全5カ所で開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi