寺島しのぶ「また脱いだんですか?」にショック : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月15日 > 寺島しのぶ「また脱いだんですか?」にショック
メニュー

寺島しのぶ「また脱いだんですか?」にショック

2010年7月15日 23:01

ノーメイクだってへっちゃら「キャタピラー」

ノーメイクだってへっちゃら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「第32回ぴあフィルムフェスティバル前夜祭」が15日、東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで行われ、若松孝二監督の「キャタピラー」が先行上映された。上映後には若松監督をはじめ、同作で第60回ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した寺島しのぶ大西信満が舞台挨拶に立った。

第2次世界大戦下、戦争で四肢を失いながら「生ける軍神」として崇められる夫・久蔵(大西)と、その妻シゲ子(寺島)の壮絶な生きざまを通して、戦争の悲惨な現実を突きつける。寺島は、若松監督とともにフランスでの上映に立ち会い「上映が終わった後はシーンとしていましたが、観客の皆さんから『こんな勇気ある日本の戦争映画を見たのは初めてだ』という声を聞いてうれしかった」と述懐。しかし、銀熊賞を手に帰国すると「『また脱いだんですか?』なんて言われてしまい本当にショックだった。せっかく(海外で)賞賛されたのに……」と悔しそうに話していた。

若松監督は、寺島への出演オファーについて「どうせやってくれないと思い、ダメ元で本(台本)だけ読んでもらおうと。そうしたら、やるって言ってくれたから驚いた。この時点で映画は70%出来上がったも同然だった」とニヤリ。予算の関係で現場には15人のスタッフしかおらず、メイク担当者もいない状態だったが「寺島さんが『じゃあ、ノーメイクでいきましょう』って。寺島さんは皮膚まで芝居ができる人。日本にはほかにいない」と女優魂を絶賛した。

寺島は、「赤目四十八瀧心中未遂」でも大西と共演しており「正直、赤目でやり尽くした感もあった」という。それでも、「監督がこのふたりでないと成立しないというし、新たな気持ちで大西くんと向き合いました。結果的に、初対面の俳優同士ではできない演技ができたと思う」と自信をのぞかせた。大西は四肢だけでなく、言葉も失ったという難役だったが「目の演技といっても限界がある。そこにある僕の気持ちを翻訳してくれた寺島さんに感謝したい」と話した。

キャタピラー」は、8月14日から東京公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi