批判も覚悟!オウム平田の逃亡生活を描く「愛のゆくえ」が公式上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月22日 > 批判も覚悟!オウム平田の逃亡生活を描く「愛のゆくえ」が公式上映
メニュー

批判も覚悟!オウム平田の逃亡生活を描く「愛のゆくえ」が公式上映

2012年10月22日 22:02

*h 批判も覚悟!オウム平田の逃亡生活を描く「愛のゆくえ」が公式上映

舞台挨拶に立った木村文洋監督、前川麻子、寺十吾「愛のゆくえ(仮)」

舞台挨拶に立った木村文洋監督、前川麻子、寺十吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 一連のオウム真理教事件に関与し、全国指名手配された平田信と、その17年間に及ぶ逃亡生活を支え続けた女性をモチーフにした「愛のゆくえ(仮)」が10月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われている第25回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で公式上映された。

上映を前に、主演と脚本を務める女優の前川麻子、共演の寺十吾、メガホンをとった木村文洋監督が舞台挨拶に立った。木村監督は「3年前に映画監督の友人から夏目漱石の『こころ』の一節を教えてもらった。“記憶して下さい。私はこんな風に生きてきました”。今の自分はこうした気持ちで映画を作っています」。青森出身で、六ヶ所村核燃料再処理工場の問題を背景にした「へばの」が国内外で高く評価されたが、「ある事件に関与したふたりの男女が暮らす部屋から見える風景は、去年の震災以降過ごした自分の部屋の様子とつながる」と最新作への思いを語った。

前川は「題材が題材なので、叩かれることもあるかもしれないが」と前置きし、「先日、グリーンカーペットを晴れやかな気持ちで歩かせていただきました。同時に、映画に出てくるような、一生晴れやかな場所を歩けない人の分も背負ったなと……。そんな映画のつもりです」。前川演じる女性に支えられ、息を潜めて生きる男を演じる寺十は「私はまだ見ていないので、監督の言葉を聞いて、そんな気持ちで作っていたのかと初めて知った。これからお客様と一緒に見るので、楽しみ」と期待を寄せていた。

愛のゆくえ(仮)」は12月1日から東京・ポレポレ東中野で公開。10月30日から11月4日まで、前川が主宰する劇団「アンファンテリブル」がプロデュースし、前川と寺十が演出を手がける舞台版「愛のゆくえ(仮)」が上野ストアハウスで上演される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi