日本代表「かぞくのくに」出演のヤン・イクチュン、釜山映画祭舞台挨拶で号泣 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月7日 > 日本代表「かぞくのくに」出演のヤン・イクチュン、釜山映画祭舞台挨拶で号泣
メニュー

日本代表「かぞくのくに」出演のヤン・イクチュン、釜山映画祭舞台挨拶で号泣

2012年10月7日 11:40

韓国での注目度も圧倒的「かぞくのくに」

韓国での注目度も圧倒的
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれている「かぞくのくに」が10月6日(現地時間)、韓国・釜山国際映画祭・アジアの風部門で公式上映された。メガホンをとったヤン・ヨンヒ監督、安藤サクラ井浦新ヤン・イクチュンが舞台挨拶に登壇。満員の客席は、感動と興奮で大きく“振動”していた。

米アカデミー賞の日本代表にノミネートされたこともあり、オンライン・チケットは現地発売直後1分で完売となるなど、今年の映画祭でも最も注目されている作品のひとつ。安藤サクラは「この映画が、韓国で上映されて、自分がここにいて、もう……混乱して吐きそうです」と言うと、会場は爆笑。しかし、その前にヤン・ヨンヒ監督とヤン・イクチュンがマイクを握った途端に感極まり、言葉にならないほど号泣し挨拶が一時中断していた。場内にもハンカチを握り締める多くの観客が見られ、会場は異様なテンションに包まれていた。

井浦も「本作では韓国語がとても流暢でしたが、どのようにコミュニケーションをとられていたのか」という質問に対し、「共演者同士の気持ちがひとつになっていれば、言葉の壁は重要じゃなくなっている」と共演者達の結束力をアピール。プロデューサーの河村光庸氏も、「日本と韓国のお客さんの反応が全然違って、興奮しました」と手ごたえを感じている様子だった。

息もできない[DVD] 息もできない[DVD] 最安価格: ¥3,201 、「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人は、歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあう。製作・監督・脚本・編集・主演の5役をこなしたヤン・イクチュンの初の長編監督作品。
野田ともうします。[DVD] 野田ともうします。[DVD] 最安価格: ¥3,175 NHKワンセグ2で放映された、柘植文原作コミックスを完全実写化のドラマ「野田ともうします。」をDVD化。地味女子・野田さんの愉快な日常をめぐるショートコメディ。出演:安藤サクラ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi