「かぞくのくに」アカデミー賞外国語映画賞日本代表に!女性監督では初 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月5日 > 「かぞくのくに」アカデミー賞外国語映画賞日本代表に!女性監督では初
メニュー

「かぞくのくに」アカデミー賞外国語映画賞日本代表に!女性監督では初

2012年9月5日 08:00

日本代表に選出された「かぞくのくに」「かぞくのくに」

日本代表に選出された「かぞくのくに」
(C)2011 Star Sands, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヤン・ヨンヒ監督の最新作「かぞくのくに」が、第85回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選出された。女性監督としては、初の快挙。「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」で高い評価を得たヨンヒ監督が、実体験をもとにオリジナル脚本を書き上げた。キャリア初のフィクション作品が、日の丸を代表してノミネートに名を連ねるかに大きな注目が集まる。

ヨンヒ監督は「驚いています。おじけづく心を押さえ込んで闘った昨年の夏を思い出します。スタッフを信じ、俳優陣を信じ、自分を信じようともがきました。家族に会うという当たり前のことを手放してまでも世に出した作品」と撮影時を述懐。そして、「『かぞくのくに』が人々のなかで、世界中のさまざまな家族について思いを馳せる触媒となることを祈ります。これからも魂を込めて作品をつくり続けていこうと思います。大きな叱咤激励をありがとうございました」と喜びのコメントを発表した。

8月4日に公開された今作は、1950年代から始まった北朝鮮への帰国事業が背景にある、意欲的なホームドラマ。病気療養のため、25年ぶりに日本に帰ってきた兄ソンホ(井浦新)が、妹のリエ(安藤サクラ)や家族、友人らにもたらす静かな“波紋”を描く。第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも出品され、国際アートシアター連盟賞を受賞している。

昨年のアカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品は、故新藤兼人監督作「一枚のハガキ」。外国語映画賞を受賞した、滝田洋二郎監督作「おくりびと」以来となるノミネートが実現するのか、今後の動向から目が離せない。

Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン[DVD] Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン[DVD] 最安価格: - 日本で生まれ育ったコリアン2世の映像作家ヤン・ヨンヒが10年の歳月を費やし、朝鮮総連の活動に人生を捧げた両親、北朝鮮に帰国した兄たちを記録した感動ドキュメンタリー。監督・脚本・撮影:ヤン・ヨンヒ
一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD] 最安価格: ¥3,959 新藤兼人監督の実体験を元に、人の命が“クジ”によって左右され、兵士の死が残された家族のその後の人生をも破滅に導くという戦争の愚かしさを、体験者の目線で描いた戦争ドラマ。監督・原作・脚本:新藤兼人

関連DVD・ブルーレイ情報

かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] かぞくのくに ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,553 かぞくのくに[DVD] かぞくのくに[DVD]最安値: ¥2,052 愛しきソナ[DVD] 愛しきソナ[DVD]最安値: ¥2,117
一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD]最安値: ¥2,426 一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD]最安値: ¥3,959 おくりびと[DVD] おくりびと[DVD]最安値: ¥2,796
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi