科学VS超常現象!「リミット」R・コルテス監督製作のスリラー予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月26日 > 科学VS超常現象!「リミット」R・コルテス監督製作のスリラー予告公開
メニュー

科学VS超常現象!「リミット」R・コルテス監督製作のスリラー予告公開

2012年9月26日 20:00

一家に襲いかかる謎の現象「リミット」

一家に襲いかかる謎の現象
(C)Nostromo Pictures SL 2011
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライアン・レイノルズが主演した「リミット」のロドリゴ・コルテス監督が脚本と製作を手がけた、新作スリラー「アパートメント:143」の予告編が公開された。

コルテス監督は、棺おけごと生き埋めにされた男の恐怖を描いたスリラー「リミット」で脚光を浴び、2010年に英エンパイア誌による“映画界でブレイクした新星10人と1組”に選出された。今作では、弱冠28歳でメガホンをとった気鋭監督カルレス・トレンスとともに、母親の死後、怪奇現象に見舞われる一家の恐怖を描く。

妻を亡くしたアラン・ホワイトは、ふたりの子どもとともに新しいアパートに移り住む。しかし、不可解な現象が発生するようになり、子どもの身を案じたアランは超心理学科学者に調査を依頼。科学者チームが最新機器で原因解明に取り組むなか、娘ケイトリンに異変が起こる。

今作は一般家庭用カメラ、監視カメラ、暗視赤外線カメラなどさまざまな機材を駆使し、16種類の映像でアパート内部の出来事をドキュメンタリータッチに映し出す。さらに、ホワイト一家を演じたカイ・レノックスらは、撮影中どのタイミングで怪奇現象が発生するのか知らされておらず、リアルなリアクションとセリフを引き出すことに成功している。

予告編は、次々と襲いかかるラップ現象やポルターガイストなど超常現象を捉えた。死んだはずの母親を「死んでいないし、生きていない」と怖がる幼い息子。白目をむく娘。赤外線スコープで暗がりに浮かび上がる謎の女性。超常現象と対立する立場の科学者と恐怖にさらされる家族のふたつの視点から、怪奇現象の謎に迫る。

アパートメント:143」は、11月3日から全国で公開。

[Blu-ray/ブルーレイ] [Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,238 極限の閉鎖空間を舞台に、一人の男の必死の脱出劇を描いたライアン・レイノルズ主演のワン・シチュエーション・スリラー。監督、製作:ロドリゴ・コルテス
フローズン・リバー[DVD] フローズン・リバー[DVD] 最安価格: ¥2,538 2008年サンダンス映画祭グランプリ受賞ほか映画祭で23部門受賞、38部門ノミネート! 世界各国から賞賛を受けた珠玉の感動作!「アパートメント:143」のマイケル・オキーフ出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi