米人気映画の3割にアップル製品が登場 宣伝戦略の転換が奏功 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月8日 > 米人気映画の3割にアップル製品が登場 宣伝戦略の転換が奏功
メニュー

米人気映画の3割にアップル製品が登場 宣伝戦略の転換が奏功

2012年8月8日 23:10

[映画.com ニュース] 現在アメリカで係争中のアップルとサムスンの特許訴訟がきっかけで、アップル製品がハリウッドの人気映画の実に3割に登場していることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

同訴訟で、アップルはiPhoneの宣伝戦略について告白。iPhoneが初登場したのは2007年6月で、それ以前には大々的に宣伝を行っていたものの、ハリウッドでのiPhone人気に気づいた時点で戦略を転換したという。

アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラー氏は、「映画やテレビ番組で有名スターがわれわれの製品を使用するのを見たいと思ったので、アップル製品を使いたい業界関係者に製品を提供する担当者を用意した」と話す。ブランディング分析サイトBrandchannelが今年行った調査によれば、01年から11年までにヒットした映画の3割にアップル製品が登場している。

たとえば、「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」には5分以上もアップル製品が登場しており、2300万ドルの経済効果だという。番組や映画のなかで製品やブランド名を紹介することをプロダクト・プレイスメントと呼び、企業側は宣伝費用を払うことを義務づけられることになっているが、アップルは宣伝費をいっさい払っておらず、商品を提供しているだけだ。同社の巧みな宣伝戦略が、一歩も二歩も進んでいることが浮き彫りになった。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル[DVD] ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル[DVD] 最安価格: - トム・クルーズ主演で贈るスパイ・アクションシリーズ第4弾!ロシアの中枢クレムリンが何者かによって爆破され、イーサンのチームに容疑がかけられた。国家としての関与を否定すべく、米大統領は“ゴースト・プロトコル”を発令し、チームは存在を抹消されてしまう。後ろ盾を失ったイーサンたちは、限りなく不可能に近いミッション遂行を余儀なくされることに─。
スティーブ・ジョブズの真実[DVD] スティーブ・ジョブズの真実[DVD] 最安価格: ¥2,426 惜しまれつつ亡くなった“世界を変えた男”スティーブ・ジョブズの偉業を紹介したドキュメンタリー。その生い立ちからiPhone、iPadの誕生まで偉大な天才のあらゆるシーンをクローズアップ。アップルのもう一人の生みの親スティーブ・ウォズニアックのほか、元CEOのジョン・スカリー、イギリスの著名実業家アラン・シュガー卿などコメントも盛り沢山。“世界を変えた男”の知られざる素顔に迫る!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi