川村ゆきえ「乳首の数はヘルタースケルターより多い」と熱弁!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月15日 > 川村ゆきえ「乳首の数はヘルタースケルターより多い」と熱弁!?
メニュー

川村ゆきえ「乳首の数はヘルタースケルターより多い」と熱弁!?

2012年7月15日 05:00

トークショーに出席した川村ゆきえ「ヘルタースケルター」

トークショーに出席した川村ゆきえ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人食い魚の恐怖を描いたパニックスリラーの続編「ピラニア リターンズ」の公開初日を記念し7月14日、イラストレーターの安齋肇氏、漫画家の花くまゆうさく氏、グラビアアイドルの川村ゆきえが東京・ヒューマントラストシネマ渋谷でトークショーを行った。

舞台はビクトリア湖で起こった惨劇を描く「ピラニア3D」(2010)から1年後。血に飢えたピラニアたちが、アトラクションプールに集う能天気な若者たちを次々と餌食にしていく。前作はR15指定での上映だったが、本作はさらに描写が過激になりR18+(18歳未満は観覧禁止)と“格上げ”となった。

川村は「もともとスプラッターや“痛い系”の映画が大好き」だといい、「私が求めていた以上のものだった」と前作との出合いを述懐。花くま氏が「前作に比べて、エロやバカに力を入れていて、(ピラニアは)スケールダウンしているかも。冒頭から乳首がたくさん出てくる」と本作の見どころを分析すると、川村も「乳首の数は『ヘルタースケルター』よりも多いはず。まあ、見ていませんけど……」と同日公開された沢尻エリカの主演作を引き合いに、魅力を熱弁していた。

さらに安齋氏が「こうなったら早く第3弾が見たい」と期待を寄せると、川村は「舞台は日本で、温泉にピラニアが現れるって設定でやりましょう。日本だったら私も出演できる」と意気揚々。トークショーの終盤には、特製Tシャツを客席に投げ入れ、プレゼントしていた。

メガホンをとるのは、モンスターパニック映画「ザ・フィースト」3部作を手がけたジョン・ギャラガー監督。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の“ドク”役で知られるクリストファー・ロイドが熱帯魚の専門家を怪演している。

ピラニア[Blu-ray/ブルーレイ] ピラニア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1978年に大ヒットした「ピラニア」を3D映画としてリメイクしたパニック・スリラー!出演:クリストファー・ロイド
フィースト2-怪物復活-[DVD] フィースト2-怪物復活-[DVD] 最安価格: ¥3,070 無数に増殖した殺戮モンスター“フィースト”と生き残った人間たちの壮絶な戦いを描いた「フィースト」待望の続編!監督:ジョン・ギャラガー

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi