「原宿シネマ」ラインナップが続々決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月30日 > 「原宿シネマ」ラインナップが続々決定
メニュー

「原宿シネマ」ラインナップが続々決定

2012年6月30日 09:00

[映画.com ニュース]  「原宿シネマ」(主催:シンカ)が、5月で2年目を迎えた。 “人生の一本に会いにいく。” をテーマに、様々なフィールドで活躍するプロフェッショナルをゲスト館長に迎え、各々がセレクトした “人生の一本” を紹介。これまでに、Candle JUNE(キャンドルアーティスト)、伊賀大介(スタイリスト)、野村友里(フードディレクター)、荒川良々(俳優)、エドツワキ(図案家・アーティスト)、しまおまほ(エッセイスト)といった個性あふれるゲストが館長を務めた。館長と共に衝撃と高揚を共有する新しい映画鑑賞スタイルが好評で、ふだん映画を見る機会の少なくなった20~30代の若い世代が数多く来場している。

2年目の今年は、ますます充実した館長ラインアップとなっており、6月17日に行われた大木伸夫館長(ACIDMAN/ミュージシャン)、上映作品「アレクセイと泉」は、予約チケットが10分で完売。トークショーは予定を延長するほどの盛り上がりをみせ、ふだんとは違ったアーティストの言葉に触れる機会に観客の満足度も非常に高いイベントなった。さらに来月以降の館長は、7月28日に安藤モモ子(映画監督)、8月25日に片岡朋子(「装苑」編集長)ら注目の館長たちが “人生の一本” を紹介する。

9~11月にかけては、「原宿シネマ×『男はつらいよ』」(共同企画:松竹、シンカ)と題して、寅さんに熱い思いを寄せる館長たちを集めたコラボ企画をスタート。10月27、28日には、6人の館長が連続出演する「原宿映画祭」の開催を予定しており、音楽、ファッション、アート、カルチャーを絡めた新たなスタイルの映画祭として注目される。 “人と街の活性化” “映画観客層の拡大” を目指し、今後はさらに劇場、地方、学校機関、企業と連動したスピンオフ企画の開催も予定している。(文化通信)

本橋成一ツインパック「ナージャの村」「アレクセイと泉」 チェルノブイリ~人間と大地の記録~[DVD] 本橋成一ツインパック「ナージャの村」「アレクセイと泉」 チェルノブイリ~人間と大地の記録~[DVD] 最安価格: ¥4,549 被爆した土地に留まり、同じ暮らしを続ける人々の姿を追う、本橋成一監督による「ナージャの村」と「アレクセイと泉」の2作品をひとつしたツインパック。
男はつらいよ 寅次郎心の旅路 HDリマスター版[DVD] 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 HDリマスター版[DVD] 最安価格: ¥3,652 竹下景子をマドンナに迎えて贈る、山田洋次監督の大ヒットシリーズ第41作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi