ゆうばり映画祭開幕! 林海象審査委員長も念願成就 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月25日 > ゆうばり映画祭開幕! 林海象審査委員長も念願成就
メニュー

ゆうばり映画祭開幕! 林海象審査委員長も念願成就

2011年2月25日 16:10

林海象監督が審査委員長「どんてん生活」

林海象監督が審査委員長
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で21回を迎える、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011が2月24日、北海道・夕張で華やかに開幕した。

同映画祭は1990年に始まり、“映画の街・ゆうばり”が開催する北の名物映画祭として活気をみせていたが、夕張市の財政破綻のため一時開催は休止。しかし「夕張から映画をなくしてはならない」と若い世代が立ちあがり、2008年に復活した。

それから4年目となる今年のテーマは、“YUBARISM~ゆうばリズム”。アディーレ会館(旧夕張市民会館)で行われた開会式では、名誉大会長の藤倉肇夕張市長が「このゆうばり映画祭の復活こそ夕張市の再生の手本にしたい。映画祭を通じて夕張が元気になっている姿を伝えたい」と熱い思いを語った。

同映画祭の特徴のひとつに挙げられるのが、オフシアター・コンペティション部門。00年に山下敦弘監督の「どんてん生活」にグランプリを授与するところから始まり、未知なる可能性を秘めた若手監督の発掘の場であると同時に、若手監督にとっての登竜門的コンペとして高い評価を得ている。

本年度の審査員長を務める林海象監督は、「この20年来、あらゆる映画人からゆうばりは良いと耳にタコができるほど聞かされていたけれど、ようやくこの場所に立つことができました。しっかりとコンペ作品を見て、グランプリを選びたい。そして、次は審査員ではなく自分の作品で呼んでほしい(笑)」と喜びをかみしめていた。会期中に9作品が上映され、林監督をはじめキム・ヨンビン、ナ・ホンジン片桐はいり、ティム・リーグら審査員によって、最終日にグランプリが決定する。この日は、オープニング作品に選ばれたウォルト・ディズニーの「塔の上のラプンツェル」が上映された。


Candle JUNE氏が手掛けたキャンドル「どんてん生活」

Candle JUNE氏が手掛けたキャンドル
[拡大画像]

また、夕刻からはメイン会場のアディーレ会館前に「Candle JUNE “CANDLE DECOLATION in ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011”supporter by スカパー!」と銘打たれた“歓迎”イベントを開催。

キャンドルアーティスト・Candle JUNE氏が手掛けたキャンドルがきらびやかに灯り、訪れた人々を温かく出迎えた。映画祭初参加となるそうで、「熱い思いで開催されるこの映画祭の始まりの夜に、キャンドルを灯すことができて光栄です」とコメントを寄せた。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011は、2月28日まで開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi