早乙女太一「少年H」で7年ぶり銀幕復帰 女形の踊りも披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月20日 > 早乙女太一「少年H」で7年ぶり銀幕復帰 女形の踊りも披露
メニュー

早乙女太一「少年H」で7年ぶり銀幕復帰 女形の踊りも披露

2012年6月20日 05:00

「少年H」で久々の映画出演を果たした早乙女太一「少年H」

「少年H」で久々の映画出演を果たした早乙女太一
(C)2013「少年H」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の早乙女太一が、水谷豊伊藤蘭が28年ぶりに共演する映画「少年H」に出演していることがわかった。早乙女の映画出演は、「座頭市(2003)」「TAKESHI’S」に続き3度目で、実に7年ぶりとなる。

早乙女が扮するのは、母親思いで女性的な美しさも兼ね備える映写技師で、“少年H”ら子どもたちからは「オトコ姉ちゃん」の愛称で親しまれる下山幸吉。6月10日、静岡・島田でクランクアップし「久しぶりの映像の仕事だったので、素直にうれしかったです」と述懐。兵庫・神戸が舞台のため方言に苦戦したというが、劇中では女形の踊りも披露しており「踊っているときに見える景色がいつもとは違うので、新鮮な感じがしました」とコメントを寄せた。

舞のシーンでは、早乙女が自前の衣装を身にまとい、得意の演目を華麗に披露した。メガホンをとる降旗康男監督はもともと早乙女のファンだったそうで、演出することなく一発でOKを出し絶賛。また、日舞を習っているH役の吉岡竜輝くんも、早乙女が踊るシーンを見るために出番が終わっても現場に残り、撮影を見学していたという。

妹尾河童氏のベストセラー小説を映画化する今作は、第二次世界大戦前後の神戸を舞台に、H(エッチ)と呼ばれ好奇心と正義感が人一倍おう盛な少年・妹尾肇と家族の物語。映画では、竜輝くん演じる肇(エッチ)ではなく、洋服屋の父親・盛夫(水谷)の視点に軸を置き描かれる。

少年H」は、2013年夏に全国で公開予定。

座頭市[DVD] 座頭市[DVD] 最安価格: ¥3,201 第60回ベネチア国際映画祭・最優秀監督賞を受賞した北野武監督の第11作がリリース!出演:早乙女太一
TAKESHIS'[DVD] TAKESHIS'[DVD] 最安価格: ¥3,201 第62回ベネチア国際映画祭でのサプライズ上映が話題となった北野武監督の最新作。出演:早乙女太一

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi