細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」世界34の国と地域で配給決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月18日 > 細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」世界34の国と地域で配給決定
メニュー

細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」世界34の国と地域で配給決定

2012年6月18日 19:37

早くも世界公開決定!「おおかみこどもの雨と雪」 早くも世界公開決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「サマーウォーズ」の細田守監督が3年ぶりにメガホンをとる最新作「おおかみこどもの雨と雪」のジャパンプレミアが6月18日、都内で行われ、細田監督をはじめ、ヒロイン役の声優を務める宮崎あおいをはじめ、“おおかみおとこ”を演じる大沢たかおらが出席した。同日、世界34の国と地域での配給決定が発表され、細田監督は「非常に身近なところから題材を得た作品。これほどの規模は想定しておらず、驚いているが、この映画が観客の皆さんにとって“良き友だち”になれば」と喜びを語った。

細田監督の原案・脚本によるオリジナルストーリーで、“おおかみおとこ”と恋に落ちた大学生のヒロイン・花が、ふたりの間に生まれた“おおかみこども”の姉弟・雨と雪を女手ひとつで育て上げるという内容。現在、韓国、台湾、フランス、スペインなどで公開が決定しており、北米やイギリスとも交渉中。6月25日(現地時間)には仏パリでワールドプレミアが行われる予定で、細田監督と宮崎が現地入りする。

「お話をいただいたときから『完成品が早く見たい』と思える作品で、関わることができてとても光栄」(宮崎)、「以前から細田監督の大ファン。アフレコは役者全員がそろって、順撮りしたので、ふだんの演技とさほど変わらず逆に新鮮だった」(大沢)。ふたりの起用について、細田監督は「長い時間をかけたヒロインの成長を表現できるのは、あおいさんしかいないと思った。大沢さんは役柄同様、大きな器の持ち主で花や子どもたちを包んでくれた」と振り返った。

プレミア開催を前に、細田監督と奥田誠治エグゼクティブプロデューサーが会見を行い「こだわったのは“風”の表現。また2時間足らずで13年間を描くので、単なるダイジェストではなく、登場人物と気持ちを寄り添いながら、子育てや成長といった作品のテーマを絞り込んで描いた」(細田監督)。

本作製作にあたり、新スタジオ「スタジオ地図」を設立し「映画作りに伴う面倒な部分も含めて、自分たちで責任を持とうという心構え。苦労もあったが、我々のチャレンジにアニメ界の皆さんからさまざまな応援をいただいた。もし次回作を作るチャンスがあれば、スタジオとして継続させていきたい」と意気込みを語った。全国350スクリーンで公開される予定で、奥田エグゼクティブプロデューサーは「今、日本人に考えてほしい問題をエンタテインメントとして、ひとりでも多くの人たちに体験してもらうのが目的。それは全世界の人たちにも通じるはず」と熱弁していた。

舞台挨拶には“おおかみこども”の雪と雨を演じる大野百花加部亜門、自我が芽生える10代になったふたりを演じる黒木華西井幸人が出席。映画には声優として菅原文太染谷将太谷村美月麻生久美子らが出演している。

おおかみこどもの雨と雪」は7月21日から全国で公開。

サマーウォーズ[DVD] サマーウォーズ[DVD] 最安価格: ¥3,836 細田守監督をはじめとする「時をかける少女」のスタッフが再結集!突如巻き起こった世界の危機に大家族とともに戦いを挑む姿を描く。出演:谷村美月
NHK大河ドラマ 篤姫-総集編- DVD-BOX[DVD] NHK大河ドラマ 篤姫-総集編- DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,552 篤姫の波瀾万丈の一代記を描く、NHK大河ドラマ「篤姫」の総集編DVD-BOX。出演:宮崎あおい

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 寄生獣の評論 寄生獣 哲学的モチーフ、ギリギリの衝撃映像、役者の力が後編への期待をあおる
  • フューリーの評論 フューリー ディテールにこだわった体感型戦争映画の新たな到達点
  • くるみ割り人形の評論 くるみ割り人形 35年もの歳月を遡及する増田セバスチャンとサンリオとの出逢い
映画評論の一覧を見る