キム・サンマン監督、サイコスリラーでメディアのあり方を問う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月25日 > キム・サンマン監督、サイコスリラーでメディアのあり方を問う
メニュー

キム・サンマン監督、サイコスリラーでメディアのあり方を問う

2012年5月25日 15:08

恐怖を体験する女性DJを演じたスエ「ミッドナイトFM」

恐怖を体験する女性DJを演じたスエ
(C)2010 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「夏物語」のスエと「オールド・ボーイ」のユ・ジテが共演した、サイコスリラー「ミッドナイトFM」が5月26日に公開される。今作は人気ラジオ番組の女性DJが、見知らぬ男によって恐怖に突き落とされる姿を描く。メガホンをとったキム・サンマン監督が、今作について語った。

ラジオ番組のDJを務めるソニョンは、娘の病気治療に専念するため番組を降板することになる。しかし最後の放送中、謎の男から「指示通りに曲をかけなければ家族を殺す」という脅迫電話がかけられ、捕らわれた家族の映像が送られてくる。

監督デビュー作「ガールスカウト」でクライムコメディに挑戦したキム・サンマン監督が、緊迫したスリラーに挑戦。「切り離されたふたつの空間にいる人物を対比させながらスリルを盛り上げていく」という構造を保ちながら、脚本を練り上げた。「初稿の段階では今よりもっと大勢の人が、凄惨に殺されるホラー映画的な内容だったんです。そこから自分の好きなスリラーに寄せていき、メディアと受け手の関係というテーマを加え改稿を重ねました」。

キム・サンマン監督は、主人公ソニョンを演じたスエを「韓国では彼女に対して『落ち着いていて優雅で清楚』というイメージがありますが、そういう先入観を払拭したいという本人の希望もあり、また私も彼女にちまたのイメージとは異なる『芯の強さ』を感じていたので、本作ではその内なる強さを存分に表現してほしいと思った」という理由から起用。結果としてスエは、韓国2大映画賞の“青龍映画賞”で、主演女優賞を受賞する成功を収めた。


ユ・ジテ扮する殺人鬼の目的とは?「ミッドナイトFM」

ユ・ジテ扮する殺人鬼の目的とは?
(C)2010 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
[拡大画像]

対する冷酷な殺人鬼ハン・ドンスは、脚本執筆段階からジテの起用を検討していたという。「劇中でドンスは詭弁(きべん)を用いますが、それを聞いたときに相手が思わず納得してしまうような説得力がほしいと思ったんです。セリフの内容も重要ですが、それをしゃべる声自体にも魅力がなければならない。出てきただけでオーラを見せつけるような俳優が必要」とオファーした。

今作は、サイコスリラーという形を通し「メディアと受け手の間に生じる問題」も浮かび上がらせた。発信する側に立つキム・サンマン監督は、「この作品は見る人の立場によって感じ方が違うはず」と語っている。「かつてのメディアは発信する側からの一方通行でしたが、今はインターネットや移動通信が発達したことによって受け手も活発に意見を言えるようになり、互いに大きな影響を及ぼし合う関係になりました。そんな時代に我々はどのようにメディアと接していけばいいのか」と問題提起する。

「クリエイティブな立場にいる人間が大衆に向かってなにを送り出すのも、私自身は自由だと思います。逆にその自由を奪ったり、抑圧するのはよくない。だからこそ、受け手もちゃんと主体性を持ち、批判精神をもって受け取れば、メディアのあり方も互いの関係性も健全に発展していくのではないでしょうか」。

ミッドナイトFM」は、5月26日から全国で公開。

ガールスカウト[DVD] ガールスカウト[DVD] 最安価格: ¥3,292 『私の名前はキム・サムスン』のキム・ソナのスクリーン復帰作!盗られた金は自分たちで取り戻せ!爽快痛快なガールズ・アクション・コメディ!!監督:キム・サンマン
女は男の未来だ[DVD] 女は男の未来だ[DVD] 最安価格: - 大学講師で妻子持ちの男と、学生時代の先輩で映画監督の男とが、以前二人が付き合っていた女性と再会する物語を描いた恋愛ドラマ作品。出演:ユ・ジテ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi