イ・ビョンホン、韓国から中継会見で「G.I.ジョー」新作をPR 来日も約束 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月25日 > イ・ビョンホン、韓国から中継会見で「G.I.ジョー」新作をPR 来日も約束
メニュー

イ・ビョンホン、韓国から中継会見で「G.I.ジョー」新作をPR 来日も約束

2012年4月25日 16:29

中継会見で熱烈にアピールしたイ・ビョンホン「G.I.ジョー」

中継会見で熱烈にアピールしたイ・ビョンホン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アクションシリーズの最新作「G.I.ジョー バック2リベンジ」に出演する韓国俳優のイ・ビョンホンが4月25日、韓国から中継会見を行い「前作を超える面白い作品に仕上がった。手応えを感じている」と本作をアピールした。ビョンホンは前作に引き続き、冷酷な暗殺者ストームシャドー役を演じている。

米大統領の裏切りによって、組織解体の危機に直面した国際機密部隊「G.I.ジョー」が、劣勢のなか、勢力を拡大させるテロ組織「コブラ」との戦いに身を投じる。「G.I.ジョー」(2009)のシリーズ第2作で、「前作でチームの全ぼうや状況が説明されているので、今回は個々の登場人物にフォーカスが当てられている。映画を通して、ストームシャドーが抱える苦悩や葛藤も明らかになります」(ビョンホン)。因縁の相手であるスネークアイズとのバトルも重要な要素になるといい「ファンの皆さんの期待が高い分、演じる上では興奮と緊張を覚えた。新たな武器も登場するので、なじむまで時間がかかりました」と振り返る。

孤立無援に追い込まれた「G.I.ジョー」の救世主となるのが、伝説の初代司令官ジョー。「ダイ・ハード」シリーズで知られるブルース・ウィリスが演じ、大きな話題を集めている。もちろん、ビョンホンにとっては初共演で「(『ダイ・ハード』シリーズの)ジョン・マクレーンに負けないカリスマ性とアクションを披露していただいた。会う前は寡黙で近寄りがたいイメージがあったが、実際はとても礼儀正しく、周りを気遣う方だった」。近日、公開されるティーザーポスターでも「斬られるか、撃たれるか。」のキャッチコピーとともに、ビョンホンとウィリスの2大スターをフィーチャー。組織間のバトルを描いた前作から一転、ふたりの“リベンジ”をかけた直接対決を印象付ける格好だ。

この日は、約10分間のフッテージ映像が上映され、G.I.ジョーの隊員がほぼ全滅してしまう衝撃のオープニングから、復活したコブラによる世界侵略の全容、わずかに生き残ったG.I.ジョーのメンバーを演じ、ビョンホンやウィリスに引けをとらない存在感を発揮するドウェイン・ジョンソンの勇姿などが明らかになった。同シリーズの見どころである、ユニークな最新型のガジェットも満載。ビョンホンが自信をのぞかせた、ストームシャドーとスネークアイズの対決も前作以上の迫力となっている。

シリーズ前作でハリウッドデビューを飾ったビョンホンは、「製作される国やジャンルにはこだわらない。作品にどんなドラマが込められているかが大切」。公開を前に、日本でも大々的なPRイベントが行われる予定で「もしジャパンプレミアが開催されるなら、必ず日本に行きます!」と来日を約束した。

G.I.ジョー バック2リベンジ」は、8月10日から全国で公開。

G.I.ジョー[DVD] G.I.ジョー[DVD] 最安価格: - ハイテク兵器を装備した最強チーム“G.I.ジョー”が、世界各国を舞台に壮大なバトルを繰り広げるノンストップ・アクション!
IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXI[DVD] IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXI[DVD] 最安価格: ¥4,104 巨大な陰謀に大切なものを奪われた男が復讐に立ち上がる、スパイ・アクション超大作。出演:イ・ビョンホン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi