イ・ビョンホン「しっとりした瞳と甘い声」をほめられ照れ笑い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月9日 > イ・ビョンホン「しっとりした瞳と甘い声」をほめられ照れ笑い
メニュー

イ・ビョンホン「しっとりした瞳と甘い声」をほめられ照れ笑い

2011年2月9日 21:20

キラースマイルで観客を魅了「悪魔を見た」

キラースマイルで観客を魅了
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国の人気俳優イ・ビョンホンが2月9日、東京・新宿ミラノで行われた主演映画「悪魔を見た」のジャパンプレミアに、メガホンをとったキム・ジウン監督とともに出席した。ビョンホンが日本で出演映画のPRイベントを行うのは、2009年8月の「グッド・バッド・ウィアード」先行上映会以来。この日は計2回の舞台挨拶に、計2360人のファンが駆けつけ、ビョンホンに熱い声援をおくった。

国家情報捜査官のスヒョンは、婚約者を惨殺した犯人のギョンチョルを追い詰め、暴行後に追跡用のGPSを飲み込ませる。ギョンチョルが殺人を繰り返すたび、瀕死の制裁を加えるスヒョン。やがてふたりは壮絶な結末を迎えることになる。ビョンホンが冷酷な復しゅう鬼を熱演。猟奇殺人犯を演じる名優チェ・ミンシク(「シュリ」「オールド・ボーイ」)との豪華初顔合わせが実現した。

過激な描写が多く、韓国では上映禁止の危機もあった同作。ビョンホンは「皆さんの拍手が小さかったような気もしますが(笑)、きっといろいろな思いが去来しているのでしょう。この映画が描くのは、誰の身にも起こりうる現実的な出来事。今の時代をありのままに捉えている」。だからこそ「主人公の行為が正しかったのか。やはり法に任せるべきだったのか……。韓国でも賛否両論でした。もし理解できない部分があれば、何度でもご覧になってください」とアピールした。

ジウン監督は開口一番「ゴメンナサイ」と日本語で謝罪し、「激しくおぞましい映画だが、復しゅうの行為ではなく、そこに宿る感情を描いた。その意味では純愛映画だと思っている」と力説。ビョンホンに渡した脚本は、「出演を断られては困るので、少し控えめな描写にしておいた」と笑いを誘ったが、「実際の演技は、私の想像をはるかに超えていた。ミンシクさんとともに壮絶な復しゅう劇を見事に体現してくれた」と称えた。ビョンホンとは「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」に続き、3度目のタッグ。「しっとりした瞳と、聞く人を引き寄せる甘い声の持ち主」とビョンホンの魅力を語ると、当のビョンホンは照れくさそうにキラースマイルを披露した。

悪魔を見た」は2月26日から全国で公開。

グッド・バッド・ウィアード[DVD] グッド・バッド・ウィアード[DVD] 最安価格: ¥927 一枚の宝の地図をめぐり、お互いの正体も知らないまま壮大な争奪戦を繰り広げる三人の男を描いたアクションムービー。
甘い人生[DVD] 甘い人生[DVD] 最安価格: ¥410 イ・ビョンホン主演で贈る究極のラブ・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi