講談社、ユーザー参加型の新規WEB事業始動 「MMR」復活プロジェクトなど : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月23日 > 講談社、ユーザー参加型の新規WEB事業始動 「MMR」復活プロジェクトなど
メニュー

講談社、ユーザー参加型の新規WEB事業始動 「MMR」復活プロジェクトなど

2012年4月23日 17:30

プロジェクト部長唐木厚氏、講談社取締役大竹永介氏、 チームラボ取締役堺大輔氏(左から)「姑獲鳥の夏」

プロジェクト部長唐木厚氏、講談社取締役大竹永介氏、
チームラボ取締役堺大輔氏(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 出版大手の講談社が4月23日、ネットからの才能発掘を目的とした新規WEB事業「プロジェクト・アマテラス」の発表会見を同社で行った。

25日から正式スタートする同プロジェクトは、SNSと投稿サイトを組み合わせたプロジェクト型コンテンツ生成システムを提供し、小説、マンガなどフィクションから情報、生活、学術といったノンフィクションの幅広い分野でのプロジェクトへの参加を募集。ネット上で新人を発掘後、編集ノウハウを提供しビジネス化をサポートする。また、提案されるプロジェクトとその制作の過程をすべて公開し、参加者と共にコンテンツをつくり上げるというもの。最先端のWEB事業プロデュースで知られる「チームラボ」が開発を担当した。

プロジェクト部長を務める講談社の唐木厚氏は、同プロジェクトの目標として、これまで出版社が窓口を持っていなかったあらゆるタイプの才能を多角的に発掘、ユーザー参加型のコンテンツ作成、新たなプロモーション手法の開発という3点を挙げる。会員登録は無料で、書籍を含めたコンテンツ制作、企業タイアップなどでの収益化を目指す。

現段階で進行しているのは、西尾維新の新刊「悲鳴伝」のキャラクターイメージ募集、京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」を新しい形の電子書籍として開発するプロジェクト、人気SFミステリーマンガ「MMR マガジンミステリー調査班」復活プロジェクトなどで、将来的には常時50のプロジェクトが動く予定だ。

大竹永介取締役は「デジタル時代の中で、もっとダイナミックで複合的なコンテンツを届けなければという意識で始まった」と同プロジェクト始動の意図を説明。唐木氏は、「出版社ができるデジタル上でのあらゆる実験をやっていきたい」と意気込み、「プロジェクト・アマテラスは大きなイベント会場。手さぐりの部分も大きいが、今後の日本のデジタルコンテンツ産業の将来に役立つと思う」と今後の展望について話した。

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション[DVD] 姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,303 京極夏彦原作「京極堂シリーズ」が待望の映画化!
豆富小僧 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 豆富小僧 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,797 まだ人間と妖怪が共に暮らしていた江戸時代から現代にタイムスリップしてしまった豆富小僧が、まだ見ぬ母を探しながら成長していく姿を描くアニメーション。原作:京極夏彦

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi