第4回沖縄国際映画祭は香港映画が2冠 過去最多41万人動員 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月31日 > 第4回沖縄国際映画祭は香港映画が2冠 過去最多41万人動員
メニュー

第4回沖縄国際映画祭は香港映画が2冠 過去最多41万人動員

2012年3月31日 21:27

授賞式で全員登壇したボランティアの皆さん「アーティスト」

授賞式で全員登壇したボランティアの皆さん
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第4回沖縄国際映画祭が3月31日、メイン会場となる宜野湾・沖縄コンベンションセンターで行われたクロージングセレモニーで各賞を発表し、香港映画「Tao Jie (A Simple Life) (原題)」が“Peace部門”海人賞グランプリ、審査員特別賞ゴールデンシーサー賞の2冠を戴冠し幕を閉じた。“Laugh部門”海人賞グランプリは、タイ映画「SuckSeed(原題)」が受賞し。また、審査員が印象深い作品としてアカデミー賞5冠の「アーティスト」、又吉直樹主演作「タバコイ タバコで始まる恋物語」を挙げた。

昨年の第3回沖縄国際映画祭は、3月11日に発生した東日本大震災により開催の是非が問われたが、「Yell, Laugh&Peace」というスローガンのもとチャリティに主軸を移して開催。第2回対比で観客動員約7万人減という結果となったが、今回は好天にも恵まれ約41万人と過去最多動員を記録した。

授賞式には枝野幸男経済産業大臣も出席し「沖縄には、世界に誇れる歴史、文化があります。日本にしかない活気と情熱もあります。もっともっと多くの国の人々に参加していただければ、沖縄を愛してくれる人がもっともっと増えると思います」と挨拶。さらに、「こういう映画祭を経産省がやるべきなんでしょうが、役所がやると面白くなくなるから、これでいいんだと思います」と話し、笑いを誘った。

今回は、会場内にあるトロピカルビーチに世界最大の移動式スクリーン「CineScreen400」を設置。“あなたの人生のベストムービー”を屋外上映し、日没からの上映にもかかわらず多くの観客が観賞した。さらに、初の女性向けコンテンツ「“ちゅらイイ”GIRLS UP!ステージ」では土屋アンナ鈴木奈々小森純らがファッションショーを行うなど、新たな試みを積極的に取り入れた。

同映画祭の大崎洋実行委員長は、「4回目の映画祭が終わろうとして寂しい限り。本当にありがとうございました」と深々と頭を下げた。来年は3月23~30日に第5回の開催が決定。「経済産業省もお金はないけど、それ以外なら何でも協力すると言ってくれた。映画祭スタッフ、県民の皆さんで歌って踊りながら自分たちで稼ぎましょう!」と力強く語り、場内から喝さいを浴びていた。

なにわなでしこ DVD-BOX 2[DVD] なにわなでしこ DVD-BOX 2[DVD] 最安価格: ¥7,695 AKB48の妹分として、大阪・難波で誕生したアイドルグループNMB48が東京進出!東京23区完全制覇を軸に、様々な企画にチャレンジするバラエティ!!出演:又吉直樹(ピース)
ライヤーゲーム[DVD] ライヤーゲーム[DVD] 最安価格: ¥1,642 詐欺師同士の駆け引きと裏切りが交錯するクライム・アクション映画。出演:ジャン・デュジャルダン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi