2012年はドラゴンイヤー 「テンペスト」など“龍”映画が目白押し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月1日 > 2012年はドラゴンイヤー 「テンペスト」など“龍”映画が目白押し
メニュー

2012年はドラゴンイヤー 「テンペスト」など“龍”映画が目白押し

2012年1月1日 14:00

“ドラゴンムービー”一発目は「劇場版テンペスト3D」「テンペスト」

“ドラゴンムービー”一発目は「劇場版テンペスト3D」
(C)2011「劇場版テンペスト3D」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 辰年の2012年は、「劇場版テンペスト3D」をはじめ“龍(ドラゴン)”に関連した映画が多数公開される。

仲間由紀恵が1人2役で主演した「劇場版テンペスト3D」は、12年1月28日に公開されるドラゴンムービー第1弾。NHK-BSプレミアムで放送されたドラマ「テンペスト」を、吉村芳之監督がメガホンをとり3D映画化する。沖縄出身の作家・池上永一の同名ベストセラー小説を下敷きに、国を救うため男として生きる運命を背負った女性が、波乱万丈の人生を繰り広げる姿を描く。

本作では、琉球王朝を象徴する龍が、仲間演じる真鶴が琉球の運命を変える“龍の子”であることを告げるなど重要な役割を果たす。3DCGを採用し、迫力ある映像に仕上げた。

2月には、スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」をデビッド・フィンチャー監督がリメイクした「ドラゴン・タトゥーの女」(12年2月10日公開)、栗山千明谷原章介、GACKTが声優として参加したCGアニメーション「ドラゴンエイジ ブラッドメイジの聖戦」(12年2月11日公開)など、タイトルに“ドラゴン”を冠した作品が公開を控える。

また、10年に“聰亙”から“岳龍”に改名し、名前に“龍”を取り入れた石井岳龍監督の最新作「生きてるものはいないのか」も12年2月18日に公開。石田監督が約11年4カ月ぶりにメガホンをとった長編作で、園子温監督作「ヒミズ」の染谷将太が主演し、斬新かつパンクな視点で“生と死”をあぶり出す。

99年の愛~JAPANESE AMERICANS~ DVD-BOX[DVD] 99年の愛~JAPANESE AMERICANS~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥11,988 TBS開局60周年を記念して作られた、橋田壽賀子脚本、SMAPの草ナギ剛主演の感動ドラマのDVD-BOX。99年前にアメリカへ渡り、戦乱の時代に翻弄されながらも懸命に生き抜いた日系移民家族の生き様を描く。出演:仲間由紀恵
ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] 最安価格: ¥3,140 スティーグ・ラーソン原作のサスペンス。40年前、ストックホルムの孤島で少女が忽然と姿を消した。事件の調査を依頼されたジャーナリストのミカエルは、天才ハッカー・リスベットと共に真相に迫っていく。カットシーンを復活させた完全版。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi