AKB鈴木まりや、本気の女優デビュー「かわいく映らなくてもいいと思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月26日 > AKB鈴木まりや、本気の女優デビュー「かわいく映らなくてもいいと思った」
メニュー

AKB鈴木まりや、本気の女優デビュー「かわいく映らなくてもいいと思った」

2011年11月26日 18:00

女優デビューを喜ぶ鈴木まりや「こっくりさん 劇場版」

女優デビューを喜ぶ鈴木まりや
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の鈴木まりやが、映画初出演にして主演を務める「こっくりさん 劇場版」が11月26日、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋で公開初日を迎え、鈴木らキャスト陣が舞台挨拶に立った。本作が女優デビューとなった鈴木は「(この作品では)かわいく映らなくてもいいやと思って、アイドルの鈴木まりやとしてはできない表情をしました。今日から女優としてデビューしたので、もっとたくさんの作品に出たい」と本格的な女優活動への意気込みを見せた。

2ちゃんねるの呪い 劇場版」の永江二朗監督がメガホンをとり、降霊術“こっくりさん”をめぐる死の連鎖の恐怖を描く。30年以上前に行方不明になった少年が、白骨死体となって“こっくりさん”の紙とともに長野の山中で発見される。その翌日、女子高生・大島絵梨(鈴木)は、自宅でミイラ化した母を発見し、母親の同級生も変死したことを知る。絵梨は、事件の真相を探り“こっくりさん”の呪いを解くため、事件の発端となった母親の故郷へ向かう。

鈴木は本作出演決定前に、占い師にホラー作品に出演したほうが良いとのアドバイスを受けていたと告白。「主演に決まって、根拠のない自信がありました。不安より期待が大きかったです」と話す。また、撮影時のエピソードを問われると「車の中でのシリアスなシーンの撮影が深夜で、おなかがすいて、マイクにおなかの音が入ってNGになりました(笑)」と恥ずかしそうに明かした。

この日は共演の片岡明日香梅本静香後藤那奈も登場。高校教師を演じた片岡は「数学が苦手なのに、数学の授業をアドリブでやることになり苦労した」。ヒロインの同級生役を演じる梅本は「一つ一つの演技、せりふを大切にしました」。同じく同級生役の後藤は「下校のシーンで3人でなめこの話をしたのが印象に残っています(笑)」とそれぞれ撮影を振り返った。

AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~!in 西武ドーム スペシャルBOX[DVD] AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~!in 西武ドーム スペシャルBOX[DVD] 最安価格: ¥15,163 AKB48全グループが参加し、3日間で延べ9万人を動員した初のドームコンサートの模様を収録。
AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~[DVD] AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~[DVD] 最安価格: ¥4,614 誰もが知っているAKB48のヒットソング満載!ザベストミュージックビデオ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi