「AKB48」鈴木まりや、映画初主演作で“こっくりさん”の呪いに挑む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月18日 > 「AKB48」鈴木まりや、映画初主演作で“こっくりさん”の呪いに挑む
メニュー

「AKB48」鈴木まりや、映画初主演作で“こっくりさん”の呪いに挑む

2011年10月18日 07:01

現代によみがえる“こっくりさん”の恐怖「こっくりさん 劇場版」

現代によみがえる“こっくりさん”の恐怖
(C)2011「こっくりさん 劇場版」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の鈴木まりやが、「こっくりさん 劇場版」で、映画初出演にして主演を務めることがわかった。

「アイドリング!!!」の尾島知佳が初主演した「2ちゃんねるの呪い 劇場版」の永江二朗監督がメガホンをとり、降霊術“こっくりさん”をめぐり連鎖する死の恐怖を描く。鈴木をはじめアイドルの梅本静香片岡明日香後藤那奈山形啓将飯田まさとらが出演する。

30年以上前に行方不明になった少年が、白骨死体となって“こっくりさん”の紙とともに長野の山中で発見される。ニュースで報道された翌日、女子高生・大島絵梨(鈴木)は、自宅でミイラ化した母を発見し、母親の同級生も変死したことを知る。

霊視能力を持つ担任の教師に「呪いがかかっている」と告げられた絵梨は、事件の真相を探り“こっくりさん”の呪いを解くため、事件の発端となった母親の故郷へ向かう。

「年内に映画の仕事をすることが今年の目標」だという鈴木は、「泣くほど映画に出たかったので本当にすごくうれしいです。決まったときは飛び跳ねて喜びました(笑)」と感激しきり。「初めての映画で主演をさせていただくことに不安はまったくありませんでした」と自信をのぞかせ、「“こっくりさん”が実際に現れる映画は新しいと思うので、現代版の“こっくりさん”を皆さんに見ていただきたいです」とアピールした。

こっくりさん 劇場版」は、11月26日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi