巨匠タル・ベーラ、「ニーチェの馬」に込めた人生論を大いに語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月24日 > 巨匠タル・ベーラ、「ニーチェの馬」に込めた人生論を大いに語る
メニュー

巨匠タル・ベーラ、「ニーチェの馬」に込めた人生論を大いに語る

2011年11月24日 22:05

観客とのQ&Aに応じたタル・ベーラ監督「ニーチェの馬」

観客とのQ&Aに応じたタル・ベーラ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハンガリーの名匠タル・ベーラが最後の作品と明言する「ニーチェの馬」が11月24日、東京・有楽町で開催中の第12回東京フィルメックスで特別招待上映され、来日中のタル・ベーラ監督が観客とのQ&Aに出席した。

ムチに打たれ疲弊した馬車馬を目撃したドイツの哲学者ニーチェが、それを止めに入った後に精神が崩壊したという故事をもとに、荒野に暮らす初老の男とその娘、1頭の馬の日常を美しいモノクローム映像で描き出す。第61回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)と国際批評家連盟賞をダブル受賞した。

通常、ティーチインは壇上で行われるが、タル・ベーラ監督は観客と同目線のフロアから質疑を受けることを主張。「この映画を通して人生のロジックを語りたかった。私は見えているもの、人生がどういう道をたどるのかシンプルに捉えているだけ。観客の尊厳を守りながら、自分の抱えている痛みも分かち合う。これこそが真の映画作りのロジックだ」と持論を展開した。モノクロームを選択した理由については、「私にとっては白黒の方が撮りやすい。カラーはたまにカラフルすぎてプラスチックのような違和感を感じる」と説明した。

さらに議論は深まり、「聖書には、神が6日間でこのクソみたいな世界を作ったという創世記がある。この映画はその時間を逆行していて、日々のうちに何かを失い、やがて終末を迎える。我々は毎日同じような日々を過ごしていると思い込みがちだが、人生は毎日変わっていくもの。余生は日々短くなり、私を含めみんなが孤独な終わりを迎える。このような問いかけに触れたかった」と人生論にまで及んだ。

ニーチェの馬」は来年2月より全国順次公開。

倫敦から来た男[DVD] 倫敦から来た男[DVD] 最安価格: - ジョルジュ・シムノンの同名小説をタル・ベーラ監督が映画化したサスペンス。
人生に乾杯![DVD] 人生に乾杯![DVD] 最安価格: ¥2,430 年金生活者の憤りをユーモラスに描いたハートウォーミングドラマ。ハンガリーを舞台にした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニーチェの馬[DVD] ニーチェの馬[DVD]最安値: ¥4,044
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi