コールドプレイ「宇宙兄弟」で初の邦画主題歌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月9日 > コールドプレイ「宇宙兄弟」で初の邦画主題歌
メニュー

コールドプレイ「宇宙兄弟」で初の邦画主題歌

2011年11月9日 05:00

邦画史上初の大型タイアップが実現「コールドプレイ」

邦画史上初の大型タイアップが実現
(C)Sarah Lee / eyevine. (C)2012「宇宙兄弟」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ロックバンド「コールドプレイ」のニューシングル「ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく」が、小栗旬岡田将生が共演する人気漫画の映画化「宇宙兄弟」の主題歌に決まった。コールドプレイが邦画に主題歌を提供するのは初となり、異例の大型タイアップが実現した。

今回のタイアップは、今作の原作者・小山宙哉が同バンドの楽曲を聴きながら執筆していたことが発端だったという。プロデューサーの川村元気氏は、「コールドプレイの曲がマッチするようなスケール感とワクワク感があふれる映画を作ろう」という思いにかられ、脚本作りを開始した。

配給の東宝は撮影終了後、“ダメもと”でオファーしたところ、メンバーから「映像を見てから判断したい」と返答が入る。これを受けて、プロモーション映像を急きょ制作。そして、今年7月に同バンドがフジロック・フェスティバルで来日した際、映像を託した。吉報が届いたのは2週間後。「映像を見ました。素晴らしい映画になると思う。ぜひ『宇宙兄弟』の主題歌に!」と快諾する連絡が、イギリスから到着する。

コールドプレイは、「僕らの楽曲が初めて日本の映画のテーマ曲となり、とてもうれしく光栄に思っています。映画の素材を少し見たけど、とてもクールな作品になりそうだと感じたよ」とコメントを寄せた。約1年にわたる交渉を終えた川村氏は、「ずっと期待を高めながら待っていてくれた2人(小栗と岡田)に、良い報告ができたことは本当にうれしかったです」と充実感をにじませる。

小栗は、主題歌決定の一報を受け、驚きと興奮が体を駆けめぐったと振り返る。オファーすると知った当初は「『マジっすか』とか言いつつ、心のなかでは『どうせ無理っしょ』なんてつぶやいていた」そうで、「自分の浅はかさを今はのろっています」と驚きを隠せない。そして、「見事に成立させた製作陣の熱意と、快諾してくれたコールドプレイの心意気に感謝です」と大興奮。岡田も、「めっちゃカッコイイです。宇宙兄弟のテーマにメロディがそっている感じがして、壮大で前を向きたくなる曲だと思いました」と語った。

同作は、幼いころに宇宙飛行士になる約束をした兄弟が主人公。2025年、NASAの宇宙飛行士として第1次月面長期滞在クルーのメンバーとなった弟・日々人と、自動車の設計会社を解雇になったことがきっかけで宇宙飛行士を目指すことになった兄・六太が、かつての夢を実現させるべく奮闘する姿を、壮大なスケールで描く。

宇宙兄弟」は、2012年5月に全国で公開。

プリンセス トヨトミ DVDプレミアム・エディション[DVD] プリンセス トヨトミ DVDプレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,847 万城目学原作による同名ベストセラー小説を豪華キャスト共演で映画化したミステリー。岡田将生出演。
告白 完全版[DVD] 告白 完全版[DVD] 最安価格: ¥3,959 湊かなえ原作のベストセラーを、中島哲也監督が映画化。岡田将生出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi