野生爆弾・川島邦裕「ミステイクン」主演経て「目指すは海外」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月30日 > 野生爆弾・川島邦裕「ミステイクン」主演経て「目指すは海外」
メニュー

野生爆弾・川島邦裕「ミステイクン」主演経て「目指すは海外」

2011年9月30日 13:37

異色のホラーコメディで共演した 野生爆弾・川島邦裕とロッシー「ミステイクン」

異色のホラーコメディで共演した
野生爆弾・川島邦裕とロッシー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「野生爆弾」の川島邦裕が主演した異色のホラーコメディ「ミステイクン」が、10月1日から全国で公開される。テレビ東京でバラエティ番組を担当してきた伊藤隆行がメガホンをとり、川島を襲う怪奇現象と衝撃的な結末を描く。絶妙に息の合った演技を見せた川島と相方のロッシーに話を聞いた。

初主演を務めた川島は、「仕事場の楽屋に伊藤さんが来て、『テレ東で映画を撮るんだけれどくーちゃん(川島)が主役ね』といきなり言われて」と出演の経緯を語った。独特のゆるい空気の中で進められたようで、「現場に入ってはじめて……いや現場入ってもしばらくはホラー映画だと気が付きませんでした。女のお化けの人に挨拶されて、『なんでお化けの人がいるんだろう』と思った(笑)」。

撮影は「ほぼ箇条書きの台本」をもとに、出演者のアドリブを採用する形で敢行。「一発撮りみたいな感じだった」と話す通り、川島は“素の状態”で臨んだ。ロッシーは、「台本もなく、カメラも回しっぱなしで。あまりのフランクさにビックリした」と述懐。「撮影中も台本にないことばかりでした。川島さんが台本と逆の行動をとっても、カットもされないし(笑)」と特殊な現場だったことを明かす。

フラットな状態の川島の演技は、コントで見せるシュールな笑いが随所に散りばめられている。伊藤監督の指示が少ない中で、「こざかしい笑いを求めているのか、本当にホラーを求めているのかわからなくて、僕自身『どっちやろ』と思いながらやっているんです」と手探りで演じた。

ホラー嫌いのロッシーは、「僕の場面ではそんなに怖いことが起こらなかったので、映画を見てビックリ」と川島同様に驚きを隠せなかったという。そして本当の怖さは「(設定上の)川島さんの日常。意味がわからない怖さというか。お化けとかは絶対怖いじゃないですか。でもこの人が持っている怖さがありましたね」と冷静に分析した。


画像2

(C)テレビ東京/吉本興業
[拡大画像]

伊藤監督の前作「お墓に泊まろう!」(2010)にも出演した川島は、「目指すところは海外やと思うんですよ。ハリウッドや、こじゃれたフランス系の映画もいいし」とニヤリ。「著名な映画監督に見ていただいて『YOU使えるじゃん』みたいになれば……。お笑いも俳優になるための足がかりやと思っていて。ここから俳優業専念していきたい」と不敵な笑みを浮かべた。

「今までいろいろなどんでん返しを経験しているけれど、1、2を争うどんでん返し」と絶賛する川島は、「『パラノーマル・アクティビティ』など今までのホラーの要素がすべて詰まった究極のホラーをご堪能ください!」。ロッシーも「笑っていたのに気付いたら最後にゾッとしている。最後まで見逃せないし、何度見ても楽しめる!」と自信をのぞかせた。

ミステイクン」は、10月1日から全国で公開。

ミステイクン[DVD] ミステイクン[DVD] 最安価格: ¥3,201 第3回沖縄国際映画祭出品作品。お笑い芸人、野性爆弾・川島邦裕が初主演を務め、その怪演ぶりが話題となった密室サスペンス・スリラー。
お墓に泊まろう![DVD] お墓に泊まろう![DVD] 最安価格: ¥3,201 倒産して葬儀屋に買収されたテレビ東京を舞台に、急逝した元社長の葬式番組を作ることになったテレビマンたちの信念や葛藤(かっとう)を描く異色の業界ドラマ。監督:伊藤隆行

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi