たけし、高倉健と27年ぶり共演 綾瀬、草なぎら初共演組も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月27日 > たけし、高倉健と27年ぶり共演 綾瀬、草なぎら初共演組も
メニュー

たけし、高倉健と27年ぶり共演 綾瀬、草なぎら初共演組も

2011年9月27日 05:02

「あなたへ」に主演の高倉健「夜叉」

「あなたへ」に主演の高倉健
(C)2012「あなたへ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ビートたけしが、高倉健が6年ぶりに主演する映画「あなたへ」(降旗康男監督)に出演することがわかった。たけしと高倉の共演は、「夜叉」(1985)以来約27年ぶり。今作では自称・元中学教師の杉野輝夫役を演じるが、「『夜叉』以来、四半世紀ぶりに高倉健さんと一緒にお仕事できるということで、とても楽しみにしております」と喜びのコメントを寄せている。

高倉にとって通算205本目の映画出演となる今作には、たけしをはじめ日本映画界を代表する俳優陣が結集した。田中裕子佐藤浩市草なぎ剛余貴美子綾瀬はるか三浦貴大大滝秀治長塚京三原田美枝子浅野忠信……。主演級がずらり勢ぞろいしたことに、高倉は「個性あふれる素敵な俳優の皆さんと共演できることをとても幸せに思います。御一人御一人との出会いを大切にしながら、お芝居を通い合わせることを楽しみにしています」と再会、初対面を心待ちにしている。

あなたへ」は、「夜叉」「あ・うん」のプロデューサーで08年に死去した市古聖智さんが遺した原案を、降旗監督と脚本家の青島武が再構築したオリジナルストーリー。北陸にある刑務所の指導技官・倉島英二(高倉)は、最愛の妻(田中)を53歳で亡くし、“故郷の海に散骨してほしい”と記された絵手紙を受け取る。生きているうちに言わなかった妻の真意を知るため、自家製キャンピングカーに乗り、九州へと向かう。

高倉と初共演となるのは、7人。英二が道中で出会うイカ飯の販売員役の草なぎは、「高倉健さんをはじめ、素晴らしい役者さんたちとお芝居をご一緒できることが今からとても幸せで、ワクワクドキドキしています」と意気込む。漁師町で食堂を営む母娘を演じる余と綾瀬も、「仕事をする前から、こんなにワクワクすることは滅多にありません」(余)、「先輩方にご迷惑をかけぬよう、主人公、そして観客の皆さまにほっこりするような気持ちを伝えられるように、一生懸命与えていただいた役を演じたいです」(綾瀬)と興奮を隠しきれない。

一方、降旗組をよく知る面々も並々ならぬ意欲では負けていない。英二の妻・洋子を演じる田中は、「夜叉」「ホタル」に続き3度目の共演となるが「降旗監督のもと、高倉さんと共演させていただけることを心からうれしく思います」。11度目の共演となる大滝も、「大事な仕事です。周りの方々にやっかいをかけずに無事に終わりたいです」と話している。

草なぎとともにイカ飯の販売員に扮する佐藤にとっては、「南極物語」(83)以来の再会。「約30年ぶりに高倉さんとご一緒できることの喜びと緊張に、交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなりそうです。なんだ小僧のときと何も変わっていないじゃないか、と思われぬよう現場を努めさせていただきます!」と張り切っている。

ほかのキャストも、「ご一緒できる『その日』が、こんなに早く来ようとは……。まるで夢のよう」(長塚)、「大先輩であり、あこがれの大スター高倉健さんと共演できることになり、とてもうれしいです」(原田)、「作品の中に生きるひとりの人物になれるよう、全力で臨みたい」(三浦)、「今の自分に出せるだけの力を出して、役に取り組ませていただきます」(浅野)と、銀幕復帰する高倉と共演できる喜びをかみ締めている。

現在は、物語の出発点・富山でのロケが終了。その後も順調にロケを進めているそうで、11月中旬のクランクアップを予定している。

あなたへ」は、2012年秋に全国で公開。

夜叉[DVD] 夜叉[DVD] 最安価格: - 今は漁師として生活している中年男の隠された過去と揺れ動く愛を描く。出演:高倉健、ビートたけし
南極物語[DVD] 南極物語[DVD] 最安価格: ¥4,010 南極に取り残された2匹の犬“タロ”と“ジロ”と人間たちの心の触れ合いを描いた、蔵原惟繕監督、高倉健主演で贈る不朽の名作。 出演:佐藤浩市

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi