ラース・フォン・トリアー「ナチス擁護発言」謝罪を撤回 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > ラース・フォン・トリアー「ナチス擁護発言」謝罪を撤回
メニュー

ラース・フォン・トリアー「ナチス擁護発言」謝罪を撤回

2011年9月22日 14:30

自分の存在を否定することはできないと語ったトリアー監督「メランコリア」

自分の存在を否定することはできないと語ったトリアー監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年5月のカンヌ映画祭で、「ヒトラーに共感できる」などと発言し非難されたデンマーク映画界の奇才ラース・フォン・トリアー監督が、表明していた謝罪を自ら撤回した。

事の発端は、カンヌ映画祭コンペティション部門に出品したキルステン・ダンスト主演の新作「メランコリア」の会見上で、トリアー監督が「ナチスに傾倒していた」「ヒトラーの気持ちも少しは理解できる」と発言し、物議を醸したもの。トリアー監督はすぐに謝罪声明を発表したが、同映画祭はただちに同監督の追放処分を決定した。

その後もたびたび謝罪の言葉を口にしていたトリアー監督だが、米GQ誌最新号のインタビューで「謝罪や悔恨の念は本心ではなく、自分に対して不誠実なもの」と発言し、謝罪を撤回した。そして、「言って良いことや悪いことがあるとは思っていない。何を言おうと、それが自分自身であるということ。発言を謝罪するということは、自分の存在を否定するに等しく、それをすれば私は人として壊れてしまう」と自身の考えを吐露した。

さらに「ジョークのつもりだったが、そう受け止められないような言い方をしたことに関しては申し訳なく思っている。ただし、ジョークを言ったことは後悔していないし、発言を謝罪するのは自分の性質に反する。しかし、そもそもそう考える自分の精神が病んでいるのかもしれないね」と話した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi