ラース・フォン・トリアー監督、ナチス発言でカンヌ追放 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月20日 > ラース・フォン・トリアー監督、ナチス発言でカンヌ追放
メニュー

ラース・フォン・トリアー監督、ナチス発言でカンヌ追放

2011年5月20日 19:57

ナチス発言で波紋を呼んだトリアー監督「メランコリア」

ナチス発言で波紋を呼んだトリアー監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カンヌ映画祭の常連、ラース・フォン・トリアー監督が、一昨年に同所で上映された「アンチクライスト」に続き、再びスキャンダルを巻き起こした。5月18日(現地時間)に披露された新作「メランコリア」は、いん石に直撃される地球の最後の日々に焦点を当てたもの。豪勢な結婚式をおこなうヒロイン(キルスティン・ダンスト)とその姉(シャルロット・ゲンズブール)の姿を通して、恐怖や絶望に追いつめられた人間の心理状態を描く。

作品に対する反応は賛否両論だったが、問題になったのは会見での発言だ。ドイツのロマン主義からの影響を述べた後に、「長いこと自分がユダヤ人だと思っていたが、その後、ナチに傾倒した。ヒトラーの気持ちは理解できる」と語り、反ユダヤ主義と糾弾された。映画祭側は即座に遺憾の意を表明したため、フォン・トリアー監督は同日のうちに映画祭サイトで謝罪。しかし、事態を重く見た映画祭サイドは、フォン・トリアー監督を追放してしまった。

メランコリア」と同日にコンペティション作品としては河瀬直美監督の「朱花の月」、監督週間部門では園子温監督の「恋の罪」が上映された。フランスの映画通には河瀬監督の支持者が多いが、奈良を舞台にある夫婦の姿を神話と絡めながら描いた本作の評価は、今までよりもやや温度が下がる印象。だが、公式上映では約5分のスタンディングオベージョンが起こった。

河瀬監督は、上映後に「カンヌには何度か来ているが赤じゅうたんを上るときに涙がにじみ出てきたのは初めて。(大変な状況にある)日本の人々から『頑張って来てね』と言われたことを思い出し、胸が熱くなった」と述懐した。

園監督の作品は、渋谷のラブホテルで起こった実際の事件を題材に、さまざまな女性たちの姿を暴力性や倒錯性も含めて描写したハードな内容。終映が深夜にもかかわらず会場は熱い雰囲気に包まれ、こちらもスタンディングオベージョンが巻き起こった。すでにベルリンとベネチアに参加し、今回のカンヌで三大映画祭制覇を果たした園監督は、主演のひとりの神楽坂恵を伴いカンヌ入り。「少しずつ自分の作品が世界に認められているようでうれしい」と上映後に静かに興奮をかみしめる様子で語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi