「ブレードランナー」新作、リドリー・スコット本人が監督へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月19日 > 「ブレードランナー」新作、リドリー・スコット本人が監督へ!
メニュー

「ブレードランナー」新作、リドリー・スコット本人が監督へ!

2011年8月19日 13:01

新作のメガホンを取るスコット監督

新作のメガホンを取るスコット監督
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年3月、1982年のSF映画「ブレードランナー」の続編または前章を製作するプロジェクトが立ち上がった。以来、熱狂的なファンの多いカルト作に手をつけることの是非も含め、その動向に注目が集まっていたが、同作の生みの親であるリドリー・スコットが、新作のプロデュースと監督を手がけることが明らかになった。

同プロジェクトは、「インソムニア」「しあわせの隠れ場所」の製作会社アルコン・エンタテインメントが、「ブレードランナー」とその原作となったフィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の要素を用いた続編や前章、テレビドラマなどを製作する権利を獲得したもの。

スコット監督の参加が発表された現時点でも、新作の内容が続編になるのか前章になるのか、あるいは「ブレードランナー」の世界を踏襲したまったく新しい作品になるのかは不明。ただし、リメイクにはならない見込みだ。アルコンのアンドリュー・コソボが米ロサンゼルス・タイムズ紙に語ったところによれば、これから脚本家探しに入るため、クランクインは早くても2013年初頭、公開は14年以降になるという。

またコソボは、オリジナル版で主役デッカードを演じたハリソン・フォードが新作にかかわる可能性について、「あくまでも私の見解としてだが、それはない」と明言。キャストも含めて、オリジナルの焼き直しではなく斬新な内容になることを強調した。

スコット監督の最新作は、「エイリアン」(79)のDNAを受け継いでいるとされるSF映画「プロメテウス(原題)」。シャーリーズ・セロンノオミ・ラパスマイケル・ファスベンダーガイ・ピアースイドリス・エルバらの出演で、12年6月8日の全米公開を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • デッドプールの評論 デッドプール 珍ヒーロー爆誕!超過激な“赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。
  • FAKEの評論 FAKE 「佐村河内守」とは何者?映画の仕掛けた迷路に迷い込む、刺激と驚きの怪作
  • 神様メールの評論 神様メール シリアスなテーマもファンタジックに描く、幸せな驚きに溢れた作品
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

有限会社ミラクルヴォイス

やる気と体力、想像力のある方を募集しています!

職種(1)映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験者も可)(...

グロービジョン株式会社

アメリカ・ヨーロッパ・アジア全般の海外ドラマ/映画が大好きな方、言葉に興味...

職種(1)制作進行 (2)吹替版・字幕制作アシスタント業務
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi