福岡の劇団「ギンギラ太陽’s」代表作、45分に再構成し劇場公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月29日 > 福岡の劇団「ギンギラ太陽’s」代表作、45分に再構成し劇場公開
メニュー

福岡の劇団「ギンギラ太陽’s」代表作、45分に再構成し劇場公開

2011年7月29日 06:00

親子で気軽に初めての演劇体験!「ギンギラ太陽's はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン 夢の超特急」

親子で気軽に初めての演劇体験!
(C)2011「ギンギラ太陽’s はじめてモノ語り」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 福岡に活動の拠点を置く人気の劇団「ギンギラ太陽's」の代表作「BORN TO RUN」が、映画「ギンギラ太陽's はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン 夢の超特急」として生まれ変わることがわかった。

同劇団の舞台には、人間が一切登場しない。乗り物をはじめとする“もの”を擬人化することで物語はつづられ、役者はかぶりものを着用し、ものに込められた歴史や人間の思いを表現していく。

綿密な取材を経て執筆された脚本は、笑いの中に社会的なテーマを内包し、大人がいつの間にか感情移入してしまうヒューマンドラマとして評判を呼んでいる。この魅力は、子どもも楽しめるはずだが、家族での演劇鑑賞は料金も高く周囲への配慮も必須。この問題をクリアするために誕生したのが、今作だ。

若年層が飽きることなく鑑賞できるよう、脚本を45分間に再構成し撮影。新幹線0系電車たちの最後の走行を通して、夢と理想を追い続け壮大な夢を実現させた開発者たちの「技術や思いのタスキ」が、次世代へとつながっていく様子が学べる映像コンテンツに仕上がった。

監督・脚本・かぶりもの造型・出演を大塚ムネトが兼ね、ほか立石義江杉山英美上田裕子中村卓二古賀今日子らが出演している。鑑賞料金は3歳以上、中学生以下が500円、高校生以上が1000円。

ギンギラ太陽's はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン 夢の超特急」は、9月23日からワーナー・マイカル・シネマズで全国公開。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi