大森一樹監督、10年越しの新作初日に「映画も捨てたもんじゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月26日 > 大森一樹監督、10年越しの新作初日に「映画も捨てたもんじゃない」
メニュー

大森一樹監督、10年越しの新作初日に「映画も捨てたもんじゃない」

2011年2月26日 16:42

14人が登壇した初日舞台挨拶「世界のどこにでもある、場所」

14人が登壇した初日舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大森一樹監督が10年間温めた企画を映画化した「世界のどこにでもある、場所」が2月26日、公開初日を迎えた。大森監督をはじめ、佐原健二、古藤ロレナ、そして大竹浩一らキャストの大半を占めた人気劇団「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」のメンバーは、東京・シネマート新宿で舞台挨拶に立った。

地方の動物園や遊園地で開放治療を行う神経科クリニックを舞台に、暴力団におどされ職を失った新聞記者、ノイローゼになった高校教師、母親を刺した少年、インドネシア人の看護師など個性的な患者たちが巻き起こす騒動を描く。

大森監督は約10年前、当時閉園となった宝塚ファミリーランドをロケ地にした群像劇を構想したものの、諸事情によってとん挫。「原作も俳優もお金もない状態で、10年間棚上げになった。でもこうして完成して公開初日を迎えると、映画もまだまだ捨てたもんじゃないな」と感無量。「爆発的にヒットする映画じゃないが、こんなにたくさんのお客さんに入っていただき、ホッとしております」と胸をなでおろした。

同作のプロモーションでは、大森監督自身が「ノースターの映画」とアピールし続けたが、「これだけの役者をそろえておいて、ノースターとばかり言って、申し訳ございませんでした」と平謝り。しかし、大竹が胸を撃ちぬかれるシーンを引き合いに出し「スターの場合は、(向かって)左側に弾着するんですよ。右だと心臓が近いし、危ないから。でも今回はしっかり右側に弾着したおかげで、リアルな描写ができた。ノースター映画で良かったなと思うね(笑)」と誇らしげだった。

悲しき天使 Those Were The Days[DVD] 悲しき天使 Those Were The Days[DVD] 最安価格: ¥3,292 『走れ!イチロー』『T.R.Y トライ』の大森一樹監督が、3人の30代女性の生き様を鮮烈に描き出したミステリー・ドラマ。
わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語[DVD] わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語[DVD] 最安価格: ¥3,752 病弱ながらも破天荒な夢想家で活動家だった“宮沢賢治”の姿を、家族や友人たちとの交流を交えながら描いた愛と感動の物語。監督:大森一樹

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi