「俺たちに明日はない」ボニー&クライドの物語を新たに映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月27日 > 「俺たちに明日はない」ボニー&クライドの物語を新たに映画化
メニュー

「俺たちに明日はない」ボニー&クライドの物語を新たに映画化

2011年7月27日 15:55

ボニー・パーカーとクライド・バロウの物語を 新たに映画化「俺たちに明日はない」

ボニー・パーカーとクライド・バロウの物語を
新たに映画化
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アーサー・ペン監督、ウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイ主演の傑作「俺たちに明日はない」(1967)で知られる、大恐慌時代のアメリカに実在した男女2人組の銀行強盗ボニー・パーカーとクライド・バロウの物語が、新たに映画化されることがわかった。

昨年出版された、ジェフ・グインの評伝「Go Down Together: The True, Untold Story of Bonnie and Clyde」が原作。米Deadlineによれば、「マイレージ、マイライフ」の脚本家シェルダン・ターナーが脚色にあたり、監督として「幻影師アイゼンハイム」「リミットレス」のニール・バーガーが交渉に入っているという。

ボニーとクライドは、30年代後半に米中西部で銀行強盗と殺人を繰り返し、最後は警官隊によって銃殺された。ボニーは23歳、クライドは25歳だった。「俺たちに明日はない」は青春群像劇の趣きも強かったが、今回はより史実に忠実な内容になるという。

なお、約2年前からヒラリー・ダフケビン・ゼガーズ主演で「俺たちに明日はない」をリメイクするという企画が進行中だが、依然プリプロダクションの状態で、特に進展はないようだ。

俺たちに明日はない[Blu-ray/ブルーレイ] 俺たちに明日はない[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 大恐慌の30年代、テキサス州ダラスを中心として銀行強盗を繰り返し、派手に暴れ回るボニーとクライドの壮絶な青春を描いた、ニューシネマの先駆的作品。出演:ウォーレン・ベイティ
マイレージ、マイライフ[DVD] マイレージ、マイライフ[DVD] 最安価格: ¥991 ジェイソン・ライトマン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi