ヒラリー・ダフが「俺たちに明日はない」リメイク版に出演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月14日 > ヒラリー・ダフが「俺たちに明日はない」リメイク版に出演?
メニュー

ヒラリー・ダフが「俺たちに明日はない」リメイク版に出演?

2009年1月14日 12:00

精彩を欠いていたダフが巻き返し?「俺たちに明日はない」

精彩を欠いていたダフが巻き返し?
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1930年代のアメリカに実在した男女2人組の銀行強盗、ボニーとクライドの壮絶な青春を描いたアメリカン・ニューシネマの先駆的傑作「俺たちに明日はない」(67/アーサー・ペン監督)のリメイク企画が持ち上がっており、オリジナルでフェイ・ダナウェイが演じたボニー・パーカー役に全米のアイドル、ヒラリー・ダフの名前が挙がっていることが分かった。

業界情報紙プロダクション・ウィークリーに記載された情報として米映画サイトget the big picutre等が報じたところによれば、今回新たに映画化されるボニーとクライドの物語でメガホンを取るのは、新人のトーニャ・S・ホリー。今年4月にもアメリカ南部で撮影開始の予定で、またオリジナルでウォーレン・ベイティが演じたクライド・バロー役を「トランスアメリカ」のケビン・ゼガーズが演じることになるという。

当時デビューしたばかりのフェイ・ダナウェイがオリジナル版で着こなした数々の衣装は、今でもファッション雑誌が特集するほど素晴らしいものだったが、ひょっとすると今回のリメイク版への布石なのか、ヒラリー・ダフ自身、米Allure誌08年5月号にダナウェイ扮するボニーそっくりの格好で登場、アメリカン・ニューシネマにオマージュを捧げていたことも判明した。

アイドルから大人の女優への脱皮を図るダフの出世作となるか、今後の動きに注目だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi