映画「こち亀」主題歌、香取慎吾が「三百六十五歩のマーチ」をカバー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月1日 > 映画「こち亀」主題歌、香取慎吾が「三百六十五歩のマーチ」をカバー
メニュー

映画「こち亀」主題歌、香取慎吾が「三百六十五歩のマーチ」をカバー

2011年7月1日 07:33

香取慎吾が昭和の名曲をカバー「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」

香取慎吾が昭和の名曲をカバー
(C)2011「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「SMAP」の香取慎吾主演で、人気漫画を実写映画化する「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」の主題歌が決定。水前寺清子の歌で知られる昭和の名曲「三百六十五歩のマーチ」を香取が、主人公・両さんとしてカバーすることがわかった。香取は「『こち亀』にも、今の日本にもぴったりの歌で、一日一歩ずつでも先に進んで行こうとさせてくれる歌です。昔から知っている歌でしたが、実際に歌ってみて、そして歌詞をじっくりと読んでみて、とってもいい歌で、この時代に歌えるという幸せを今改めてかみしめています」と喜びのコメントを寄せている。

破天荒だけど人一倍人情に厚く、老若男女誰とでも仲良くなる両さんのキャラクターイメージや、「見る人に明るく元気になってほしい」という本作のテーマに合う曲として選ばれた同曲。東日本大震災後の、“日本を明るく元気にしたい”というメッセージとも重なることから主題歌に決まったという。香取は楽曲冒頭でアドリブを披露しており、「『いってみよー!』というアドリブは、ブースに入った瞬間に湧き上がってきました」と明かし、レコーディングを楽しんだようだ。

秋本治が1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載を続けてきた原作は、“こち亀”の愛称で親しまれており、少年誌の最長連載としてギネス記録を保持するほか、コミックスは累計で1億4000万部以上を売り上げている。09年にはTBS系で香取主演で連続ドラマ化され、今年、連載35周年の節目を記念し映画化が決定した。完成した映画について香取は、「想像以上に面白かったです! 両さんのキャラクターの強さと人情ドラマのぶつかりあいによって、笑えて、そしてハラハラドキドキもあって、最後に感動してしまい、この映画に完全にやられました」と感想を語っている。

映画では香取をはじめ、派出所の後輩・秋本カトリーヌ麗子役の香里奈、中川圭一役の速水もこみちらドラマの主要キャストが続投。そのほか深田恭子谷原章介沢村一樹夏八木勲平田満らが共演、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の川村泰祐監督がメガホンをとる。また8月3日には、主題歌ほか6曲を収録したアルバム「こち亀2011 両さんソングブック」(1365円)が、ビクターエンタテインメントから発売される。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」は、8月6日全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi