「軽蔑」高良健吾、12分間の長回しで“激走” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月2日 > 「軽蔑」高良健吾、12分間の長回しで“激走”
メニュー

「軽蔑」高良健吾、12分間の長回しで“激走”

2011年6月2日 16:36

高良健吾と鈴木杏が走り抜けるシーン「軽蔑」

高良健吾と鈴木杏が走り抜けるシーン
(C)2011「軽蔑」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が、鈴木杏とのダブル主演作「軽蔑」のクライマックスシーンで、12分間におよぶ長回しに挑んでいたことがわかった。メガホンをとった廣木隆一監督は長回しが多いことで知られているが、高良は“激走”で応えた。

中上健次さんの同名小説を映画化した同作は、ギャンブルで借金を重ねる名家のひとり息子カズ(高良)が、周囲の反対や妨害を受けながらも、歌舞伎町No.1のポールダンサー・真知子と愛し合い、命がけの逃避行を繰り広げる姿を描く。


画像2

[拡大画像]

“奇跡”的ともいえる長回しのシーンは、カズが真知子を守るために別れを決意するクライマックスで描かれる。ふたりで駅の改札を走ってくぐり抜け、停車中の電車に乗り込むが、カズは「飲みものを買ってくる」と席を立ちホームの自動販売機へ。電車のアラームが鳴り、真知子を車内に残したまま電車の扉は閉まってしまう。そして、カズが走り去る電車を見送り、覚悟を決めた表情で引き返し駅を出て停車中のタクシーに乗り込むまでで約12分間を要した。

電車でのロケのため、スケジュールの都合でチャンスは1日3回のみ。各回の間隔が2時間近くあったため、全スタッフ、キャストが大きな緊張感をもって臨んだが、一発で廣木監督のOKが出たという。撮影キャメラマンの鍋島淳裕は、カメラを持ちながら走り続け、太陽光のハレーションもフレームに入れながら、車内からタクシーに乗り込むまでを撮り続けた。

軽蔑」は、6月4日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi