リアム・ギャラガー、自ら製作のビートルズ映画にジョニデ希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月25日 > リアム・ギャラガー、自ら製作のビートルズ映画にジョニデ希望
メニュー

リアム・ギャラガー、自ら製作のビートルズ映画にジョニデ希望

2011年5月25日 16:08

ジョニデに出演オファー?

ジョニデに出演オファー?
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元オアシス、現ビーディ・アイの英ミュージシャン、リアム・ギャラガーが、自らがプロデュースを手がける映画にジョニー・デップの出演を希望していることがわかった。

ギャラガーが英音楽誌「Q」のインタビューで語ったもので、ビートルズの広報担当でジャーナリストだった故デレク・テイラーを、デップに演じてほしいと考えているという。正式にオファーしたかどうかは不明だが、デップは過去にオアシスのアルバム「ビー・ヒア・ナウ」の収録曲「フェイド・イン・アウト」にギターで参加するなど、両者のあいだにつながりはある。

同作は、ビートルズが設立した「アップル・レコード」に10代のスタッフとして雇われたリチャード・ディレロが、1972年に発表した回想録「The Longest Cocktail Party(邦題:ビートルズ神話を剥ぐ)」を映画化するもの。60年代後半から70年の解散にいたるまでのバンドの舞台裏をつづったノンフィクションだが、映画版にはビートルズのメンバーは登場せず、裏方の視点からバンドを浮き彫りにする内容になりそうだ。すでに脚本は完成しているという。監督、その他のキャストは未定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi